毎日使うものだからこそ選び抜かれたものを。「家事問屋」の味噌こし

今日のひとしな
2019.06.16

〜CDC(シーディーシー)より vol.16〜

 
日本人の朝ごはんの定番メニューといえば、お味噌汁。毎朝必ず作るという方も多いのではないでしょうか。
 
今回は、そんなお味噌汁作りおすすめの調理器具、「家事問屋」の‟パンチング味噌こし”をご紹介します。
 
web-kiji0006
 
「家事問屋」は、金物加工の産地・新潟で、地域に根付くものづくりの歴史を背景に、素材、現場、技術を熟知した産地問屋だから「分かる」ものづくりを行っています。

使い手の気持ちに寄り沿った、使うたびにほんの少し喜びを感じることのできる、そんな心地の良い「暮らしの道具」つくりを続けています。
 
web-kiji0007
 
味噌こしとパンチング加工が施されたスプーンがセットになった、こちらの‟パンチング味噌こし”。
 
CDCでは「家事問屋」の商品を様々お取り扱いしていますが、その中でも人気が高いこの商品。味噌こしに目の細かいパンチングが施されているため、溶かし残りなく、なめらかに味噌を漉すことができます。また、スプーンに大きな穴を開けることで味噌が掬いやすい設計になっているのも嬉しいポイント。
 
web-kiji0004 
味噌こしには鍋のフチにひっかけることができるフックがついているため、安定感も抜群です。お味噌汁作りだけでなく、少量の野菜を茹でるときにも重宝しますよ。
 
web-kiji0005
 
細部まで使いやすいよう工夫が施されたこのキッチンツール。長く使えば使うほど愛着が湧いてきて、日々の料理の時間がより楽しくなりそうです。
 
ぜひ、ご自宅のキッチンツールに加えてみてはいかがでしょうか。
 
 


←お店の紹介からはこちらから

←「CDC」のその他の記事はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ