『耳を澄ませば』~おしゃれ暦vol.13~葉月

おしゃれさんコーディネート
2016.08.13

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第13回目です。梅雨明け→立秋、なのに猛暑というめまぐるしい今年の夏。暑さをしのぎながら季節を先取り、ほんのり秋風を感じさせる素敵な装いとは……?

←vol.12はこちらから

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

早いもので、立秋を過ぎました。

今頃から立冬になる11月上旬までを「秋」と呼びます。

実際の天候と比較して、お洋服屋さんの店頭や暦が

最もずれていると感じるのがこの季節。

当然、おしゃれの難易度も上がります。

 

s-IMG_7994

 

まずは、暑さをしのぎながらも色合いで秋を感じさせる。

 

s-IMG_8019

 

グレイッシュな秋色のパンツはリネン素材。

あずき色のブラウスは、涼やかさと秋の訪れを同時に感じさせる。

 

s-IMG_8023

 

そんな日は、麦わら帽子をお休みして、日傘を差そう。

 

s-IMG_8028

 

少し「和」を感じさせるスタイリング。

晩夏初秋にしっくりくる。

 

s-IMG_8059

 

カバンから扇子を取り出して、、

 

s-IMG_8053

 

ちょっと木陰でひと休み。

 

s-IMG_8153

 

同じシャツの色違い。

今度は、小物で印象を変えてみよう。

 

s-IMG_8139

 

日よけの帽子に、真夏を感じる麻のカバン。

ひんやり心地いい水晶のブレスレット。

シャツは第二ボタンまで開けてみる。

 

s-IMG_8130

 

グレーの麻のズボンにサンダル履いて、、

 

s-IMG_8144

 

どこから見ても真夏の装いに。

 

s-IMG_8092

 

全く同じ服装で、小物に変化をつけてみる。

 

s-IMG_8081

 

帽子をとって、革靴を履く。

靴下はまだカバーソックスが活躍する。

シャツの釦は上まで締めてみる。

 

s-IMG_8090

 

ブレスレットはゴールドに。

モノトーンなスタイリングに良く似合う。

 

s-IMG_8122

 

アブラゼミにツクツクボウシが勝る頃。

それは明らかに秋の訪れの合図です。

耳を澄ませて、季節を感じてみてください。

 

 

ブラウス(あずき色、白):Honnete 各¥23,000+tax

パンツ(ネイビー):evam eva ¥26,000+tax

パンツ(グレー):15(jyugo)¥22,000+tax

日傘:tutaee ¥13,000 + tax

扇子:森田 千晶 ¥10,000 + tax

帽子:mature ha. ¥18,500 + tax

シューズ(リボンつきパテント):私物

シューズ(レースアップ):R.U. ¥46,000 + tax

サンダル:ARCOPEDICO ¥7,300 + tax

カバン(レザー):テハマナ ¥26,000 + tax

カバン(白黒):ヨハンナ・グリクセン ¥25,000 + tax

カバン(麻の柄):maison Bengal ¥7,000 + tax

ブレスレット(水晶):yasuhide ono ¥26,000 + tax

ブレスレット(ゴールド):vali(ワリ) 私物

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分

 045-482-4026

営業時間:11:0020:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

 

 

 

 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ