50代に似合うトップスの条件  主婦 金子敦子さん

ナチュリラ
2017.04.19

kaneko驥大ュ舌&繧・_MG_6410A

アウターとしてはもちろん、コートのインにも着られて、一年中活躍する「ニコアンド」のGジャン。金子さんの体形がきれいに見えるベスト丈だから、どんなボトムをあわせてもバランスも取りやすい。

自分の体系がきれいに見えるトップスの丈を知る

昨年ご自身のブログで「トップス選手権」なるもの
を開催した金子敦子さん。
同じデニムスカートにさまざまなトップスを
合わせるという実験をしてみたところ、
「トップスの着丈」が全身バランスに
大いに関係することに気づいたそう。
実験の結果、ベスト丈に決定したのが
「52㎝」という数字。
以来、数字をもとに服選びをするようになり、
失敗も減ったといいます。

ベスト丈52cmのリネンブラウスは
パテントのサボでほんのりモードに

kaneko驥大ュ舌&繧・_MG_6700A

「自分にジャストな丈を知ったことで、
『それよりロング丈はヒールを合わせる』
『ショート丈はウエストが
細く見えるボトムを合わせる』というように、
ベスト丈以外を着こなすコツも
明確にすることができました」

長めトップス60cmなら
センタープレスのパンツと
ヒールでバランスアップ

kaneko驥大ュ舌&繧・_MG_7038A

 

短めトップス48cmなら
ハイウェストの濃色デニムで
メリハリをつけて

kaneko驥大ュ舌&繧・_MG_6746A

 

 若い頃のように着こなせないという
苦手意識があったというボーダーやシャツも
「似合わない」と、決めつけず、
ディテールや素材感を吟味すれば
今の自分に合う服もある、と
可能性を模索しているそう。

「ボーダーならメリハリのある
色使いや首の空き具合、シャツなら
素材感やサイズ感。
輪郭がぼやけてきた顔まわりを
できるだけきれいに見せてくれて、
隠すべき場所は隠してくれる服(笑)。
探すのは大変ですが、やはり
おしゃれを楽しみたいので、
負けずに着こなしを更新したいと思います!」

『ナチュリラ』vol.37
text:田中のり子 photo:枦木功

Profile

ブログ「命短し恋せよ乙女★50代の毎日コーデ」が人気、『お母さん、その服なんとかしよ!―毒舌ムスメのファッションチェック』(飛鳥新社)が好評発売中。

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ