潔く手放して”今の私”のワンツーコーデが完成 vol.2 主婦 金子敦子さん

ナチュリラ
2017.08.07

vol.1はこちらから

ワンピースを1枚で着るのは卒業
+ワイドパンツで、ぐんと大人っぽいシルエットに

kaneko驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_3196A

「フォグ」のリネンワンピースは、今季買った1枚。
「白いワンピースは初めてで勇気がいりましたが、着るからには堂々と。
デニムとあわせて白×青のコントラストを楽しみます。」。足元は黒で引き締めて。

「ある日、ずっと1枚でサラリと着ていたひざ丈ワンピースが、
何だかしっくりこなくなって」。

そんな金子さんが、試行錯誤の末にたどり着いたのは、
ワイドパンツを合わせるコーディネート。足を隠し、
下にボリュームを持たせることで、ワンピースがぐんと大人っぽく、
シックな表情に生まれ変わりました。

「今までは細身パンツを合わせていましたが
ワイドパンツなら体型をカバーしながら、ドレッシーにも見えます」

 

縦長ラインが強調されてスタイルアップ効果も

kaneko驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_3235A

ワンピース+ワイドパンツで作られる
縦長ラインの効果をさらにアップするのがストライプパンツ。
足が長く見える上、メリハリもつく。
「腕は中途半端に隠すよりもいさぎよく出したほうがすっきり見えます」。
「テバ」のサンダルでリラックス感をプラス。

kaneko驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_3148A

右ページと同じワンピースもボトムが変わればまた違った表情に。
「ザラ」のパンツに、「コンバース」のスニーカーと、
全身を白でまとめた潔い着こなし。「チラリと足首を見せるのがポイント」

 

kaneko驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_3403A

「まるで布をまとっているようでリラックスできる」という
「フォグ」のワンピースにはリネンのストライプパンツを。
ほんのりマニッシュな着こなし。
大きめのコットンパールピアスで女性らしさを。

Vol.3に続く

text:増田綾子 photo:枦木功

『ナチュリラ vol.38』より

 

→その他の金子敦子さんの記事はこちら

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ