くらしのmoto市おしゃれスナップ vol.1

2016.02.01

      『ナチュリラ』本誌でもおなじみ企画“おしゃれスナップ”を

今回はこのWebだけで公開しちゃいます!

 

毎年秋に、東京都町田市にある簗田寺を会場に開かれる手作りマーケット「くらしのmoto市」。2015年11月に行われたこの市で、たくさんのおしゃれさんをスナップしてきましたよ!

photo:上原朋也 text:坂本祥子

 

加賀 衣真(かが えま)さん 販売員

s-加賀さん中面

白、グレー、ベージュと、定番カラー同士を上手に組み合わせたコーディネートが印象的だった加賀さん。ニット、パンツ、バッグは「パーリッシィ」のもの。福岡にある友人が営むお店「ウフフ」で購入したジャケットの袖口から、白のニットを少し多めにのぞかせて抜け感を。大判のマフラーをサッと肩にかけたなら、ヘアはすっきりまとめて。ヘアバンドは「アーバンリサーチ ドアーズ」。

 

両角 奈央(もろずみ なお)さん 主婦

s-両角さん

黒とネイビーのシックな色合わせに、幾何学模様のバッグでアクセントをつけた大人スタイル。ワンピースとコートは「アーツ&サイエンス」、バッグは「ヨハンナ・グリクセン」、靴は「アール・ユー」。「アヤメ」の細フレームメガネも、端正な印象。お気に入りのお店は、東京・渋谷の「ハオス&テラス」や西荻窪の「ポエフ」。「今日、このmoto市を見たあとは帽子ブランド『サシキ』と『アトリエ ダンタン』のオーダー会に行く予定なんです」

 

矢吹 菜美(やぶき なみ)さん グラフィックデザイナー

s-矢吹さん

広島を拠点に活動する矢吹さんは、今回の「くらしのmoto市」にグラフィックデザイナーとして参加。「マーガレット・ハウエル」のニットに合わせた「ワイズ フォー リビング」のスカートは、深みのあるグリーンと、主張しすぎない大人っぽい柄がお気に入り。「プラステ」のカーキのコート、「アシックス」のネイビーのスニーカーと、それぞれトップスとボトムスのカラーにリンクさせて。

 

菅原 砂織(すがわら さおり)さん 会社員

s-菅原さん

「シンプルなスタイルが好きで、モノトーンのコーディネートが定番」という菅原さん。この日も「無印良品」のVネックカットソーに「チープマンデー」の太デニム、「ユニクロ」のニットコート、黒の「コンバース」というスタイル。色合わせの潔さだけでなく、すっきりIラインにまとまった全体のシルエットも素敵! 猫のプリントのトートバッグを外しアイテムに。この冬は、チェスターコートにも挑戦したいのだそう。

 

天野 志美(あまの しとみ)さん 会社員

 

s-天野さん

ブラックをベースに、トップスと足元のブーツでブラウンを足した、落ち着いた冬らしいコーディネートの天野さん。タートルニットは「無印良品」、パンツは「ネスト ローブ」、アウターは「エタミンヌ」のもの。小物でアクセントをつけることが多いそうで「今日は、デザインユニット『ウール キューブ ウール!』の少し個性的な柄のヘアバンドと、アンティークのイヤリングを選んでみました」

 

*****「くらしのmoto市おしゃれスナップ」vol.2に続きます!*****

 

vol.2→

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ