「まめまめしい季節」~おしゃれ暦vol.66神無月

おしゃれさんコーディネート
2018.10.27

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ・第66回目です。だんだんと秋も深まってきて、アウター選びが楽しい(悩ましい?)季節になってきましたよ。脱ぎ着がこまめにできて「脱いでもスゴイ」(笑)インナーとアウターの関係って??

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

 

「何着たらいい?」から、

「この下に何着たらいい?」に変わってきた。

冷房でもないし暖房でもない。

除湿でもないし、送風なら窓を開けたほうが心地いい。

空調も用を成さないのがこの季節。

まめに窓を開けたり閉めたりするのがいい。

洋服もまめに着たり脱いだりが必要なのでしょう。

 

s-DSC00976

s-DSC00979

s-DSC00982

 

ちょっと寒いなって感じたら、

カバンからストールを取り出してサッと巻く。

 

 

s-DSC00998

 

そういうまめまめしい仕草がよろしくもあり、

必要な季節なのでしょう。

 

 

s-DSC01027

 

スカートはまだまだ立ち上がりに買った

コットンのスカートがちょうど良い。

いいタイツがないかなって気にしながら。

 

 

s-DSC00888

 

秋の展示会巡り。

「あー食べ過ぎた。」が口癖の妻は体も温まって、

店から出たらカーディガンの前を開けて

風にあたって涼みたい気分だ。

ストールなんか、垂らしておけばいい。

 

 

s-DSC00909

そして決まって、しばらくすると

「あー、寒いね。」ってオーバーな顔つきで

アピールするかのように上着まで取り出したりする。

 

 

s-DSC01035

 

今の季節なら、Gジャンなんかがちょうどいい。

コットンのシャツの上に

柔らかくて薄手のウールのカーディガンを。

その上からのGジャンだ。

 

 

s-DSC00915

 

ちょっと電車で移動すると、

大袈裟に「暑い!」と訴え始めるのもいつものこと。

今度は上着も脱いで、前も開けて。

ストールも手に持って。

Gジャンはどこやった!

 

s-DSC01107

 

季節が進んだら、今年はこんなジャケットも着てみたい。

 

 

s-DSC01099

 

英国のハンティングジャケットを思わせるようなデザインだ。

上着に合わせてストールも変えてみたい。

 

 

s-DSC01116

 

ふわふわ、ポンポンの可愛らしいのをぶら下げてみよう。

 

 

s-DSC01137

 

ガシッとしたツイードにはポンポンしているくらいがいいのかも。

 

 

s-DSC01089

 

今は空調に頼らず、窓を開け閉めして

風を通したりして過ごすかの如く、

まめまめしく、脱いだり着たりする季節。

体のわがままを素直に着てあげようか。

 

 

 

 

スカート:ゴーシュ ¥25,000+tax

シャツ:ゴーシュ ¥23,000+tax

カーディガン:ゴーシュ ¥18,000+tax

Gジャン:orslow ¥23,800+tax

ストール:khadi and co ¥18,000+tax

ツイードジャケット:FIRMUM ¥39,500+tax

ポンポンストール:wisp ¥28,000+tax

バッグ:テハマナ ¥26,000+tax

シューズ:ヴィエイユ ¥26,000+tax

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ