「コートを羽織る季節」~おしゃれ暦vol.68霜月

おしゃれさんコーディネート
2018.11.24

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ・第68回目です。いよいよ本格的なコートの出番がやってきました! それでも日中まだ動くとぽかぽかしたりするこの時季は「ちょっと引っ掛ける」ぐらいの気軽なコートが嬉しいもの。さて、どんなものを羽織りましょうか。

 

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

毎日、駅まで自転車に乗る。

歩いていた時より、風を感じる。

ついこの前、自転車を降りた後、

初めて口元に手を持っていって温めた。

もう、冬の空気だ。

暖冬だとささやかれているが、都内の冷え込みは

昨年より少し早い気がする。

 

s-DSC06271

 

着心地を聞いたら、

「動物になった気分」

という感想が返ってきたカシミアのセーター。

軽くて、温かくて、しっとりとして、

毛並みが良くて……確かに、動物みたい。

 

 

s-DSC06165

 

上から、似たような毛並みのジャケットを羽織る。

 

 

s-DSC06193

 

今ならこれに軽くストールを巻くくらいでちょうどいい。

 

 

s-DSC06143

 

風を感じたら前を閉めて。

 

 

s-DSC06136

 

少し体を動かすとすぐに温まるし、

クリスマスシーンの始まりに、

なんだか明るいトーンの重ね着が気に入った。

 

 

s-DSC06309

 

コートの色を迷っていたが、

思い切って明るめを着てみることにした。

フリンジストールもクリスマスの雰囲気を盛り上げそうだ。

 

 

s-DSC06327

 

s-DSC06328

 

s-DSC06329

 

 s-DSC06331

コートを着て首元を温めれば、

前を開けたままの冬のレイヤースタイルが楽しめる。

 

 

s-DSC06354

 

真冬になる一歩手前の今、

コートの前を軽く開けて、羽織みたいに着ていたい。

 

 

s-DSC06340

 

ひと月もしたら、閉めなくては歩けないくらい冷えるのだ。

それまでは、にぎやかに羽織コートを楽しみたい。

 

コート:Honnete ¥43,000+tax

ジャケット:NO CONTROL AIR ¥28,000+tax

セーター:ITOI ¥41,000+tax

スカート:susuri for annabelle ¥32,000+tax ※完売しました

ストール:GlenGordon ¥10,000+tax

レザーミニショルダー:sono ¥11,000+tax

シューズ:VIELLE ¥26,000+tax

ソックス:GASA ¥5,400+tax

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分       

 ℡045-482-4026

営業時間:11:00~20:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ