今、ほしいのは清涼感! 白のバランス vol.3

大人になったら、着たい服
2016.05.03

身につけるだけで凛とした気持ちになったり、カジュアルな着こなしに女性らしさが加わったり、顔映りを明るくしてくれたり……。歳を重ねたからこそ気になる“白”の取り入れ方を、おしゃれ上手な7名にうかがいました。

photo:和田直美 text:坂本祥子

 

vol.2はこちらから

 

White 50% 

上下どちらかを白に、もう一方を黒や紺にして、メリハリをつけた“白50%”の着こなし。クールになりすぎないよう、やわらかさのあるデザインや華奢なアクセサリーで女性らしさを添えて。

 

♯1

岡本敬子さん

「KO」ディレクター、アタッシェ・ドゥ・プレス

otona_DSC0074 

繊細なブラウスは黒ボトムで

甘辛バランスに

 透け感のある生地とアンティーク風のレースの仕立てに一目惚れしたという「トワヴァーズ」のブラウス。「黒のラップパンツにインして甘さを抑え、帽子と丸メガネで少しやわらかさを」(岡本さん)。写真はすべて岡本さんの私物。

 

♯2

板倉直子さん

「ダジャ」ディレクター

 otona_DSC0071

ラフなイージーパンツは

濃紺ニットでキリリとまとめて

 「ユニセックスでノンストレスな着心地なのに、どこか女性らしさを感じさせるパンツです」(板倉さん)。紺のハイゲージニットとパールで上品に。「ザ・ファクトリー」パンツ¥13,800/ダジャ そのほかはすべて板倉さんの私物。

 

♯3

近藤千恵さん

「カンペール」プレス

 otona_DSC0082

甘めのフリルとサスペンダーつき

ボトムでクラシカルに

 控えめなフリルと少し立ち襟になったデザインが印象的な「ネストローブ」のブラウス。「胸元にブローチをあしらい、ボトムはワイドなスカート風パンツでクラシックな趣に」(近藤さん)。写真はすべて近藤さんの私物。

 

♯4

金井美幸さん

「ル・ピボット」プレス

 otona_DSC0086

ゆるめシルエットの上下も

白×黒で大人なメリハリを

 少しつや感があるオフ白のパンツは、「ルーズなシルエットなので、黒のトップスと靴で格好よく」(金井さん)。パンツ¥16,800、タンクトップ¥6,000/ともにル・ピボット そのほかはすべて金井さんの私物。

 

『大人になったら、着たい服 2016春夏』より抜粋

 

 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ