手を抜いても「おいしい」は作れる! ~鶏肉のカマンベールチーズ煮~

1週間特集『がんばりすぎないごはん』
2017.09.19

『がんばりすぎないごはん』の作り方 vol.2

「手を抜く」というとよくないことのように見えるかもしれませんが、料理が変わらずおいしくできればまったく問題はありません。2人の子どもを育てながら働く料理研究家の近藤幸子さんは、「前向きに手を抜く」ことを提唱します。それは時間と手間をかける代わりに、アイデアを込めること。近藤さんの話題の新刊『がんばりすぎないごはん』より、家事や育児に悩むすべての人に捧げる、文章とレシピをご紹介します。

 

 手間暇かけたおいしいものは世の中にいくらでもあるけれど、家庭の料理は毎日の生活の一部、そのおかげでおいしくはなるのだろうけど、手間がかかり過ぎてしまうプロセスは、省いてしまって結構だと私は思っています。そのぶん知恵を働かせ、どう作りやすくするか、おいしくするか、そこが勝負所です。

 私は常に時間のやりくりをしながら生活しています。撮影や料理教室に備えて、机に向かってレシピを考えたり、買い物に走り回り何度も試作を繰り返したり、自分で言うのもなんですが、かなり慌しい毎日です。

s-170608_2146

 必然的に料理にかけられる時間は短くなります。だから私のレシピは、なるべく工程を少なく、単純化しています。たとえば炒めたり煮たりする時は、一度に鍋に入れてしまいます。とはいえ味を犠牲にしているわけではありません。代わりにしょうゆで香ばしさを加えたり、砂糖で素材の甘みの補正をしたりしています。肉や魚にはしっかり下味をつけることで、味がぼやけず、短時間の調理でもおいしく食べることができるようにしています。こういうことこそが家庭料理に必要な工夫だと考えています。

s-170608_0590

 ちなみにフライパンを使った料理をいくつか作るときは、洗わずにさっと拭くだけで済まします。先に味つけの薄い料理を、後から濃い料理を作ればまったく問題ありません。下味をつけるときはわざわざボウルやバットを使わず、発泡トレーや鍋の中で十分です。キッチンばさみも大活躍。小松菜、長ねぎ、ベーコン、薄切り肉などは、キッチンばさみでざくざく切ります。あれもこれも教科書どおりにする必要はないのです。

 忙しければ作りおきを用意するという選択肢もありますが、どうも苦手で積極的に作ることはありません。作りおきは、便利で助かるというより、私にとっては「あれがあるから食べなきゃ」という義務として重くのしかかってきます。そしてなにしろ食べるときのワクワクがないことが、もっとも大きな原因かもしれません。

 

鶏肉のカマンベールチーズ煮s-170608_0048

生クリームの代わりに、カマンベールチーズを使ってクリーミーな煮ものが作れます。カマンベールチーズは日持ちもしますし、旨みが塩けもあるので、味が調いやすいのがメリット。鶏肉にはしょうゆをしみ込ませて、香ばしく仕上がるようにしています。

材料《2人分》
鶏胸肉 1枚(250g)
しょうゆ 小さじ1
塩 小さじ1/2
カマンベールチーズ 100g
キャベツ 1/4個
にんにく 1/2片
白ワイン 大さじ1
水 大さじ1

作り方
1
鶏肉は繊維を断つようにして1cm厚さのそぎ切りにし、しょうゆと塩をふる。キャベツは5cm角に切る。にんにくは薄切りにする。

2
鍋にカマンベールチーズ以外の材料を入れ、ふたをして中火で5分ほど蒸し煮にする。

3
火を止め、カマンベールチーズを食べやすい大きさにちぎって加え、再びふたをして1分ほど蒸らす。

 

文/近藤幸子 撮影/福尾美雪

→その他の『がんばりすぎないごはん』レシピはこちら

→近藤幸子さん『重ねて煮るからおいしい』レシピはこちら

近藤幸子『がんばりすぎないごはん』(主婦と生活社刊)定価:本体1300円+税

s-がんばりすぎない_cover_f

料理研究家だって日々の料理は大変! 2人の子どもを育てながら働く近藤さんの結論。「そうだ、前向きに手を抜こう」。時間も手間もかけない代わりに、たくさんのアイデアを込めました。毎日おいしい簡単料理、104レシピ。

Profile

近藤幸子さん

料理研究家。宮城県出身。料理教室「おいしい週末」主宰。料理学校、料理研究家のアシスタントを経て独立。2007年11月、『おいしい週末』(筑摩書房)を上梓。2度の産休・育休を経て、2014年から活動再開。家事や育児をこなしながら雑誌「LEE」などで活躍中。シンプルで気の利いた料理を好む。夫、長女、次女との4人暮らし。著書に『重ねて煮るからおいしいレシピ』(主婦と生活社)など。おいしい週末Web http://oishisyumatsu.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ