大分編vol.6【カフェ・後編】「岡本屋売店」の元祖・地獄蒸しプリン

地元のおしゃれさんの わたしの街
2017.11.11

~コーディネーター・工藤まやさん~

9月の大分編vol.1でご紹介した「山の湯」の少し下にある「岡本屋売店」。ここで絶対に食べてほしいのが、温泉の噴気で蒸し上げる元祖・地獄蒸しプリンです。

岡本屋売店3
スプーンを入れるとやや固め、そして、見ためやや苦めのカラメル。一見するとその様子はどのプリンとも違わぬ様子、ただまあ食べたらね、もう全然違うんですよ!

オーブンで焼いたものとも、蒸し器で蒸したものとも全くの別のものとお考えください。一言で言うならば、地獄から生まれた天使。ふわんとぷりんっとなったあとに、ほろろと溶ける。シンプルなんだけど、リッチな味わい。「あ、コレ好き、幸せ」と言っちゃた後には、数個をお土産に買おうと心に誓う。というわけで、多い日には3000個を売るという超人気の別府のアイドル。

岡本屋売店5
噴気あがる店前はなかなかの眺望ですが、お客さんが目指すのはアイドルのプリンちゃん。景色は食べた後にさくっと見ればいい、とでも思っているのか、だいたいみなさん、プリンのあとに記念撮影している。でもおいしいものを食べたあとには笑顔が違いますもん。最高のスマイルで湯けむりに包まれている風景もすっかり「岡本屋売店」の名物になりつつある。

岡本屋売店1
そして、最近めきめきと人気を上げているのが、「地獄蒸したまごサンド」。これももちろん地獄蒸しした卵で作るから、白身がぷりぷりっ、黄身がふわふわ。マヨネーズとあえて、分厚く切ったきゅうりと一緒に薄切りパンにいっぱいはさむ。ほぼはみ出している状態はビジュアルも申し分なく、びっくりするほどクリーミーなたまごサンドで、これがうまい! 

岡本屋売店4
「岡本屋売店」の最強伝説はここでは終わらない。コーヒーシャーベットにアイス、プリンを組み合わせた「地獄パフェ」、今夏からはかき氷にプリンを入れた「氷地獄」という新商品も発売。僭越ながら「氷地獄」は私がおせっかいにも「こんなの作って〜」とお願いして実現した商品。って、まだ食べてないんですが……。夏限定みたいで、来夏に持ち越しかしらん。あ~ん、早くご対面したいなあ。

 

→その他の【大分編】はこちらから

【神戸編】 【大阪編】 【京都編】 【名古屋編】 【弘前編】 【福岡編】 【愛媛編】 【那須編】 【香川編】 【熊本編】 【岡山編】 【高知編】 【倉敷編】 【沖縄編】 【徳島編】 【桐生編】

岡本屋売店

MAP:
大分県別府市明礬4組
TEL:0977-66-3228
営業時間:8:30~18:30
無休
地獄蒸しプリン260円、地獄蒸したまごサンド400円★、地獄パフェ650円、氷地獄600円

Profile

工藤まや

Maya Kudo

大分出身。ハワイ在住で、TVやラジオ、雑誌などで幅広く活躍するコーディネーター。インスタグラム「@mayahawaii325」から生まれたハワイのガイドブック『Hawaii Days 365』(扶桑社)が好評。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ