ハワイに行ったら絶対食べて欲しいもの!

暮らすように旅する Travel Hawaii
2018.05.07

「food」vol.1


はじめまして。フード&トラベルライターの赤澤かおりです。旅に出ると、いつも以上によく食べます。といっても、私の場合、たいがい出かける場所はハワイ諸島のどこかの島。ごく稀に浮気してヨーロッパなどに出かけても、やっぱりハワイが性に合っているようで、次の休みにはまたハワイ、という旅歴を繰り返しております。

そんな私が、ハワイの好きなもの、気になるもののことを、つらつらと書いていく連載をこちらでさせていただくことになりました。どうぞよろしくお願いします。

記念すべき1回目は、何はなくとも旅の楽しみは…ということで、「食」について。私がハワイで必ず食べるもの、つまり、みなさんがハワイに行ったときに絶対食べて欲しいものをお届けいたします。


●どこでも買えるパイナップル

朝ごはんの添え物として、ハンバーガーのパテの上にも、トロピカルカクテルにも、スムージーにも、とハワイでパイナップルを口にしない日はないんじゃないかってくらい、どこでもお目にかかれる、馴染み度ナンバーワンフルーツ。ここ数年は、甘くてジューシーな白いパイナップルが大人気で、スーパーで手に入らないときは、農園にまで出かけて購入する人もいたくらい。私はそれも好きだけれど、ごく普通のパイナップルの方が好き。

02
この小さめの「ハワイアン クラウン」は、キッチンのあるコンドミニアムに滞在するときによく買っているもの。カットして半分は冷凍庫に、残りは普通にモグモグ。冷凍したものは翌朝、ヨーグルトと合わせてスムージーにするのが好きです。カットしたものはファーマーズマーケットやスーパーで気軽に買えるので、ぜひ、お試しを。

●フワッフワのパンケーキ

滞在中、一度や二度は必ず食べてしまうパンケーキ。日本にいるときは、正直、ほぼ食べないのですけれどね、我ながら本当に不思議。
03
写真は、みんな大好き「bills(ビルズ)」のフワッフワパンケーキ。上にのっている、はちみつが練りこまれたバターを、全部溶けないうちにバナナとパンケーキとともにバクバク食べます。ちょっとずつ食べるのはNG。なぜならこのフワフワがしぼんでしまうから。なる早でバクッといっちゃってください。

ところで、いつも思うのは「メープルシロップ、もうちょっとくださ〜い」ってこと。パンケーキが溺れるくらい、たっぷりかけるのが好きなもんで。

●“ぺちゃんこ”ハンバーガー

ビーフ100%のパテにアボカド、ベーコン、チーズ、レタス、そしてまたパテをのせて、なんていうゴージャスなカスタムメイドのハンバーガーが、ハワイでもすっかり定番化。でも私は、どこに行っても、このなんでもないハンバーガーかチーズバーガーをオーダーします。
04
お店の大定番だろうスタンダードなハンバーガーを食べると、なんとなくそのお店のことがわかるっていうところから、そういうオーダーをし始めたんですが、今となってはそんなことはどうでもよくて、ただひたすらこのぺちゃんこさ具合いが好みです。写真のハンバーガーは、ハワイのとある病院の食堂のもの。そんなところにだって、こんなおいしそうなハンバーガーがある、それがハワイです。

●ポケ丼は、ハワイ風マグロ丼

日本でもハワイでもよく食べるもののひとつ、お寿司。でも写真は、お寿司とはちと違うもで、「Nico's Pier 38(ニコスピア38)」というレストランの、“ポケ丼”というもの。
05
“ポケ”とは、ハワイ語で“切り身”のこと。現在は、それに味つけをしたものを“ポケ”と呼び、代表的なハワイアンフードのひとつとなっています。昔ながらの作り方のものには、ぶつ切りにしたマグロに塩をしただけのものもあったそう。ハワイ語で“アヒ”と呼ばれるマグロに、同じくハワイ語で“オゴ”と呼ばれる海藻、やや厚切りの玉ねぎ、細ねぎを加え、塩とごま油でざっと和えてから醤油をちろっとたらした“醤油ポケ”が私に一番のお気に入り。下には、酢飯ではない普通のご飯が敷かれているのが、だいたいのパターン。

ハワイは近海でマグロがとれるのでフレッシュでおいしいものが比較的安価で手に入るとあって、日本では高い印象のマグロたっぷりのこのポケ丼が、驚きの安さで食べられるんです。写真のものでだいたい10ドルくらいだったかなぁ。

●胃を整えてくれるプレートランチ

ロコも観光客もみんな大好きなプレートランチ店「Pioneer Saloon(パイオニア サルーン)」。ここでいつもオーダーするのがこちら。「これ別に、ハワイで食べなくても日本で食べられるでしょ〜!?」と、いつもお店のオーナーに言われるんですが、いいんです。滞在中にこれが食べられるのがありがたいんです。
09
納豆、オクラ、長芋、マグロを混ぜ混ぜしながら、下に敷いてあるご飯をくずしつつ食べる。これでまた明日から、ちょっとヘビーなステーキやパンケーキもおいしくいただけるってもんです。私的、ハワイ滞在中の胃袋整えスペシャルプレートランチです。あ、正式名は確か「ネバネバ丼」だったかな。

08
時には、お肉のプレートランチをオーダーすることも。ハワイのハンバーグというと、ハンバーガーにサンドされているような薄いものにグレービーソースがかかっているものが大半。そんななか、大根おろしとポン酢ソースに、ふっくらふんわりのこの厚さのハンバーグが食べられるのが、ここ「パイオニア・サルーン」なのです。ご飯もわかめご飯、白飯、五穀米から選べるキメの細やかさ。私は、ハンバーグにはわかめご飯と決めています。

●絶品マカロニチーズ

私の大好物シリーズの中でも、かなりランクが高いメニュー“マカロニチーズ”。特別ハワイのものってことではないですが、ステーキの付け合わせや、インスタントのものなど、あらゆるところでお目にかかれるアメリカの国民的フードとも言えるこのメニュー。
06
最初はインスタトのものを食べてマカロニチーズのおいしさに目覚めましたが、今は、何を食べても絶品のレストラン「12th Ave Grill(12アベニュー グリル)」のこの一皿が何より大好物。チェダーチーズ、ペコリーノ、パルミジャーノなどのチーズを合わせたクリーミーなコクと、舌にまとわりつく“とろり感”、マカロニの穴に詰まったトロトロチーズが口の中にこぼれ落ちてきた時には、「あぁ〜」と声にならない声が漏れてしまうほどおいしい。

いつも一緒に食べに行った皆に責められますが、これは絶対に1人で全部食べる! と決めています。これプラス、ステーキで、あとはワインをグビグビ。ここに来たらいつもそればかり。ですが、飽きることのないまま10年くらい続いています。

07
ちなみにハワイでは、スーパーでもよくインスタント食品のものや、出来合いのマカロニチーズが売られていて、それもとてもおいしいんです。こちらの「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」のものは、私のとってはやや高級版。キッチンつきのコンドミニアム滞在の時には、最近結構な割合でこれにお世話になっております。オーブンがあるときは、耐熱皿に移し替えて、チーズをプラスして焼くと、かなり豪華になりますよ。電子レンジでも、もちOK。

もともとは、「KRAFT(クラフト)」のボール紙にマカロニチーズが直に入ったインスタントのものが私の原点ですが、最近はこんなものにも手を出している、という話でした。

●ローカルフードを食べにファミレスへ

肉も甘いものも、思い切りドカーンといきたいときは、迷わずハワイのファミリーレストラン「Zippy's(ジッピーズ)」へ。これぞアメリカ、これぞハワイっていう、突き抜けた甘みとボリュームが待っております。と言っても、こういうと何ですが、どれもおいしいんです、本当に。
13
私はこのワッフルやジェリーケーキ、ジェリーパフェが大好物。この日の“しょっぱみ”は、モチコチキン(衣にもち粉を使ったハワイの唐揚げ)にしましたが、カツカレーサイミン(サイミンは、ハワイのラーメンみたいなものです)なるものも、ぜひお試しいただきたい一品です。奥が深いのよ、ハワイ生まれのファミレス「ジッピーズ」!

●ベトナム料理店で揚げ春巻きを

ハワイのベトナム料理店としては、結構な老舗の「Hale Vietnam(ハレ ベトナム)」。混んでいるのがわかっていても、滞在中、ついつい足を運んでしまうお店です。
10
揚げ春巻きの衣のサクサク感と、中のジューシーな野菜とお肉の割合が好み。レタスに包んで食べれば、ビールも春巻きも進む、進む。いくらでも食べられます。

シメはフォーを。賛否両論ありますが、私はここのフォーのスープの味も、麺の加減もすべてがベストバランス。やり過ぎていない普通感がいいのです。レモンをたっくさん絞って、もやしとホーリーバジルをてんこ盛りにして食べるのがオススメ。


●ホテルの部屋でビール!

水は忘れても、ホテルの部屋の冷蔵庫に、ビールを欠かすことはありません。スーパーのビール売り場で新しいジャケを見つけると、まずは試してみる→これ、ハワイ滞在中の私の法則。
11
こちらは完全にジャケ買い。そしてハワイのものではありませんでした(笑)。まぁでも、トロピカルなフルーツ感が、常夏のハワイに似合う味わい。ビールもいいけど、バケーションだからトロピカルドリンクも飲みたいぞってときに、イイのですよ。

12
ちなみに最近のお気に入りは、「Waikiki Brewing Company(ワイキキ ブリューイング カンパニー)」のこの2本。見た目のかわいさとは違って苦味が程よい、大人ビールです。

←その他の「暮らすように旅する Travel Hawaii」の記事はこちらから

Profile

赤澤かおり

Kaori Akazawa

料理と旅、暮らしまわりのことを中心に執筆・編集を行う。ハワイ渡航歴100回以上。『THIS IS GUIDE BOOK IN HAWAII』『Travel Hawaii』(ともに主婦と生活社)など、ハワイにまつわる著書も多数。
Instagram「@akalohasunny」

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ