素敵な器を使った朝ごはんコラム、1月担当は「sent.(セント)」秦 美咲さん

器店主の朝ごはん
2019.01.05


初めまして。「sent.(セント)」の秦美咲と申します。2019年最初の朝ごはんを担当させていただくことになりました。器や道具好きが高じてお店をはじめたものの、実は料理が苦手な店主…。簡単シンプルな料理ばかりですが、作家さんのつくる器の力を借りた我が家の日々の朝ごはんをご紹介できればと思いますので、どうぞお付き合いいただけますと幸いです!

photo&text:秦 美咲

 

朝ごはんのお話しの前に、少しだけお店のご紹介を。

1

埼玉県の北本市でスタートした「sent.(セント)」ですが、昨年の夏に、神奈川県小田原市に移転しました。小田原城で有名な小田原は、箱根や湯河原などの温泉地にほど近く、海と山に囲まれた自然豊かな城下町でのんびりとした空気が流れています。


2

海岸までも駅から歩いて15分ほどなのですが、西湘バイパス下のトンネルをくぐって見える海は、なんだか絵や写真のように切り取られていてお気に入りスポットのひとつ。

新幹線に乗れば品川から30分、新宿からは小田急線のロマンスカーで1時間ほどと東京都内からのアクセスもよく、外国人観光客の方も多く訪れる街ですが、「sent.(セント)」は観光地であるお城とは反対側にひっそりと佇んでいます。


3

元々は酒屋さんだったという築60年の建物を少しだけ改装した店内は、壁面の棚なんかも当時のまま。十数年前に閉店し、長らくシャッターが閉まった状態だったそうですが、一升瓶や四合瓶の高さに合わせてつくられた棚からは当時の面影が感じられ、昔を知るご近所の方々は懐かしんでくださり、その歴史を受け継いています。


4

店内には、作家ものの器をはじめ、ざるや箒、タオルなどの暮らしにまつわる雑貨や古道具が並んでいます。また、毎月さまざまな展示を行っておりますので、その時々で違ったお店の表情をご覧いただけるかと思います。


5

点を線でつなぐように、素敵な作品や商品をみなさまのもとへお届けできればとはじめた「sent.(セント)」。小さなお店ではありますが、現在オンラインショップも少しずつ整えておりますので、遠方にお住まいの方々もぜひお楽しみいただけると嬉しいです! それでは、新年最初の全4回、どうぞよろしくお願いいたします。

 

←その他の「sent.」の記事はこちらから

sent.(セント)暮らしの雑貨、古道具

神奈川県小田原市栄町3-22-10
JR東海道線・小田急線小田原駅より徒歩10分
大雄山線緑町駅より徒歩2分
open 月 - 土/close 日 + 不定休
tel:050-5241-9392 
mail:info@sent-shop.com
http://sent-shop.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ