短くなった鉛筆同士をつなげる鉛筆削り「TSUNAGO(ツナゴ)」

今日のひとしな
2017.05.30

~ mar(マル)より vol.30 ~

デザイン性のある、かっこいいフォルム。一見すると鉛筆削りには見えないかもしれません。
 DSC_5406
GOOD DESIGN AWARD 2015にも選ばれた、革新的な鉛筆削り「TSUNAGO」。どこが革新的なのでしょう? それは鉛筆を削る目的が「つなぐ」ため、というところです。

 DSC_5420
 DSC_5429
通常の鉛筆削りは、先が丸くなった鉛筆を書きやすくするために、芯の先を鋭く削っていくものですが、「TSUNAGO」は、短くなった鉛筆同士をつなげるために凸型と凹型に削る機能が備わっています。短くて使えなくなってしまった鉛筆を、他の鉛筆と「つなぐ」ことで一本の鉛筆としてまた使えるようにしたのです。
 DSC_5434
この「TSUNAGO」のコンセプトは、“想いをつなぐ鉛筆削り”。「もったいない」という想いを周りの人や、次の世代に伝えたい。ものを大切にすることで、ものの命を繋ぎたい。そんな想いから、この商品は生まれました。

「mar」にいらっしゃるお客さまの中に、お子さんのお気に入りの鉛筆が短くなってしまい、新しい鉛筆を買っても使ってくれないと悩んでいらっしゃる方がいました。そんなときには、「TSUNAGO」の出番。お気に入りの鉛筆が短くなっても、最後まで大切に使い切ることができます。

 DSC_5441
捨てるものを少なくし、使えるものを長く使う。簡単そうに思えても、実践するのはなかなか難しいですよね。それなら、まずは鉛筆から試してみませんか?
 DSC_5413
使い方は、黒いふたにある番号通りにそれぞれの鉛筆を削っていくだけ。丁寧に鉛筆を削っていく、その過程は工作をしているようでとても面白いです。

ちょっとした工夫と作業で、使えなくなってしまったものがまた使えるようになる、という心が弾むような嬉しさ。その積み重ねは、ものをより大切にしていこうという心がけとなっていくはずです。

「TSUNAGO」

 

←お店の紹介はこちらから

mar(マル)

毎日の生活に取り入れやすいシンプルな雑貨、丁寧に作られた手仕事の品、器や洋服、小物など少しずつセレクトしたお店。シンプルなホームページやオンラインショップのサイトも人気。「今日のひとしな」の執筆は、店主の原麻子さんと3人のスタッフが担当。

 

神奈川県鎌倉市由比ヶ浜2-5-1
TEL:0467-24-6108
営業時間:11:00-18:00
定休日:なし(臨時のお休みはサイトでご確認ください)
http://mar-select.com/
http://mar-store.com/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ