メキシコの織物アイテム

今日のひとしな
2018.09.15

~ MIGO LABO(ミゴラボ)より 特別編 vol.6 ~

9月の「今日のひとしな」は特別編。人気ショップ4軒が再登場して、新たにラインナップに加わったアイテムをリレー方式でご紹介してくださいます。今週は、東京・学芸大学にある生活雑貨店「MIGO LABO(ミゴラボ)」からお届けします!


s-migolabo_mexico_1
今年8月に開催したメキシコ雑貨を扱うブランド・チチネオとのコラボ企画「Amigo Labo」は大盛況で、連日たくさんの方にご来店いただきました。

s-migolabo_mexico_2
そして、少し涼しくなってくるとお客様が手に取る機会が増えるのが、メキシコ・チアパス州サンアンドレス・ララインサール村で作られる織物のアイテム。ストライプやチェック、刺繍のように手の込んだ絵柄までバリエーションが豊富に揃っています。

s-migolabo_mexico_3
幾何学模様のような細かな文様はこの村の伝統的なもの。母から子へと受け継がれています。全て手織りで模様を織り込んでいるため、かなりの時間と手間がかけられた手仕事です。

s-migolabo_mexico_4
肩に掛けるとしっくりとくるハンモックのような持ち手が特徴的なバッグ。折りたたんで旅先での予備バッグや普段のお買い物バッグとしても使えてとても好評です。

s-migolabo_mexico_5
小さなポーチ類はサイズも各種あり、用途に応じてお選びいただけます。

s-migolabo_mexico_6
クッションカバーはサイズ約43cm × 約43cmで通常サイズのクッションがおさまります。

手仕事の温かみとどこか懐かしさを感じるメキシコの手仕事による織物アイテムたち。普段の生活のちょっとしたスパイスとして是非とり入れてみてくださいね。

写真・文 石黒美穂子

 

←お店の紹介はこちらから

MIGO LABO(ミゴラボ)

フォトグラファーの石黒美穂子さんがディレクターを務める生活雑貨のセレクトショップ。ハンドクラフトを中心とした器、かご、バッグなどのアイテムが充実。イベント、企画展も随時開催。

 

東京都目黒区五本木2-42-1
TEL:03-6303-3281
企画展情報、営業時間、店休日については、公式フェイスブック公式インスタグラムでご確認ください。
MIGO LABO公式サイトはこちら

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ