「ONE STROKE」の絵本 ~niguramu(にぐらむ)より vol.12~

今日のひとしな
2016.06.12

←お店の紹介はコチラから

 

生後間もない頃からの子供の数年間は、驚くほど吸収し目に見えて変化のある期間です。そして小学校や中学校と成長するにつれて、子供は子供のコミュニティの中で揉まれながら、もがきながら、形成されていく気がします。

大人はちょっとばかり知識や経験が多いから、これは失敗するよとか、間違ってるよ、なんてついつい先回りして口をはさんでしまいがちだけど、考えたら自分は今成功して正しい人間なのか?

予想外な行動を取ったり、大人が期待するような反応でない事も多いけれど、だからこそ面白いし、それぞれの形があっていいんだなと思います。

グラフィックデザイナーである「ONE STOKE(ワンストローク)」の駒形克己さんが、自身の子供の誕生をきっかけに始めた本作り。

ページの向きが色々変わるものや表紙にさえ書名がないもの、しかけがあったり、紙の質感やデザインにこだわったものなど、グラフィックデザイナーならではといえる作品が多く揃いますが、絵に添えられた駒形さんの文章がとても素敵で引き込まれます。あとがきがまた、愛にあふれていて良いんです。

子供が読んでもたくさんのことを吸収できる本ですが、じつは大人の私もこの本から大きな影響を受けています。

IMG_1578

X-IMG_1575

X-IMG_1577

X-IMG_1601

個人的には「かけら」と「なみだ」という本がとても好きで、これまでにも何度か読み返しているけれど、その都度感じ方が違います。以前は子供に対して描かれている事だと感じていた部分が自分に対する事のように思えたりして、同じ内容なのに不思議だけれど、絵本は短くシンプルな構成だから、自身の変化が反映しやすいのかもしれません。

 

 

X-IMG_7319

X-IMG_7323

X-IMG_7326

X-IMG_7328

「ONE STOKE」の絵本は一般的な書店での取り扱いはあまり無く、ミュージアムショップやインテリアショップ等、ごく限られた店舗でしか販売されていません。それは、ひとつひとつの作品を大切に思っているからこそだと思うし、私たちもそういう姿勢でいたいと思うのです。

 

ONE STROKEの絵本

¥1,520~7,560(税込)

 

text:宮嶋ヒロコ

niguramu ~BRANCH Shop~

日本各地から日用品、雑貨、器、アクセサリーをセレクト。連載コラムの執筆は、店主の辻 喜代司さんと宮嶋ヒロコさん。

 

石川県金沢市高岡町18-13

TEL:076-255-3546

11:00~19:00 火曜定休

http://www.buk.jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ