「喜八工房」のお椀 ~niguramu(にぐらむ)より vol.23~

今日のひとしな
2016.06.23

←お店の紹介はコチラから

明治15年創業、山中漆器の老舗である「喜八工房」さん。その歴史に裏打ちされたデザイン力と、国産にこだわったものづくりが魅力です。

当店で取り扱っているなかでも特に人気なのが、「樫椀(かしわん)ナチュラル」。独特の虎斑が味わい深い樫材は、その強い個性ゆえ、器の材としてはあまり用いられていませんが、特徴をあえて前面に押し出し、ウレタンクリア塗装で仕上げられています。

IMG_6622

塗装といっても本当に自然で、つやつやテカテカしている訳ではありません。無色で、見た目や触り心地など、まるで素の木地そのものといった感じ。ですが、やはり食器なので、色や臭い移りを防いで長持ちさせるための必要な仕上げとなっています。

 IMG_6862
G型、U型、Y型とアルファベットの形をイメージしたフォルムとナチュラルな色味で、和洋を問わず、また汁椀以外の使い方も広がりそうな可能性を感じるお椀。

IMG_6626-1

そんなカジュアルな樫椀も素敵だけれど、喜八工房さんといえば「拭き漆」仕上げが魅力。
 IMG_9021

IMG_9066

クリア塗装と同様に、木目が透けて見える拭き漆仕上げは、朱や黒の漆に比べ、手間が掛からないように思われがちですが、ロクロで挽き上げたフォルム・木地がそのまま見える綺麗なお椀を作るには、伝統工芸・山中漆器の高い木地加工の技術があってこそなんです。

どうしても拭き漆タイプがほしいとお願いをしたところ、樫材はやや拭き漆仕上げとの相性がよろしくない(漆が定着しにくい)という事で、欅(ケヤキ)材での拭き漆タイプを作っていただく事になりました。こちらは「niguramu限定」ですので、ぜひ手に取っていただけると嬉しいです。ナチュラルタイプと同じ形で展開していますので、機会があれば違いを比べてみてください。
 IMG_8989

喜八工房
樫椀 ナチュラル G型,U型,Y型 各¥4,320(税込)
欅椀 拭き漆 G型,U型,Y型(niguramu限定) 各¥4,320(税込)

text:宮嶋ヒロコ

niguramu ~BRANCH Shop~

日本各地から日用品、雑貨、器、アクセサリーをセレクト。連載コラムの執筆は、店主の辻 喜代司さんと宮嶋ヒロコさん。

 

石川県金沢市高岡町18-13

TEL:076-255-3546

11:00~19:00 火曜定休

http://www.buk.jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ