蛇腹式シェルフ~halutaの北欧アイテムvol.16~

今日のひとしな
2016.05.16

←お店の紹介はこちらから


みなさん、ひとり時間をたいせつにしてますか?
今日は、ひとつでいくつもの役割を持つ、蛇腹式シェルフをご紹介しましょう。

1602597_01

北欧のいろんなおうちを訪ねると「見せる収納」への意識が、とても高い気がします。ガラスや陶器類など、実用品というよりも、むしろアートピースに近いものを「飾って見せる」ところが必ずある。ゆえに、そのステージともいえる場が必要なんですね。かといって「見せたくない」ものもある。また大きなものも、小さなものもある。かたちもいろいろ。そのいずれも収納できる家具が欲しい。ついでにちょっとしたものを書ける台もあるといい。

1602597_02¥150,000~

この蛇腹シェルフは、そんなわがままな要望すべてに誠実に応えた、まさに全方位型家具と言えるでしょう。

上は3段のオープン棚、下は3段チェストとなっています。そして目を向けて欲しいのは、間の引き扉。縦にスリットが入っているのは、変幻自在の蛇腹式だから。取っ手を左右に引くと、するするーっと、まるで吸い込まれていくよう後ろに回り込みます。このような技と手間がかかる工法を見るにつけ、デンマークの家具職人さんの腕の高さがうかがえます。

R0013849-1090x612

中には小さな引出しやスタンドがあります。文房具や爪切り、DMなどといった、日用品を入れておくのにぴったりです。

1602597_07

そしてきわめつけは、天板を引き出せること。奥行き35cm程の簡易テーブルとなります。

1602597_10

halutaのオーナーも「優秀な家具ですね」とベタ褒め。「デンマークの人のおうちに行くと、こういうシェルフがだいたいリビングとかにあって、本棚や飾り棚として使ってますね。ちょっとした書き物もできますし、パソコンが小さくなってきたから、今の時代にもいい。これで全部完結できるので、ひとり暮らしのワンルームにも重宝しそうですね」

これだけ多機能でありながら、家具そのものが、ひとつの作品のように美しい。そんな北欧家具の魅力がこれひとつに集約されているような気が、どんどんしてきました。これを書いている間にも、さらに。

 

haluta

主にデンマークから仕入れたヴィンテージの北欧家具、雑貨を扱う。「今日のひとしな」コラム執筆は、ウェブブック「haluta365」編集長・山村光春さん。

 

haluta kanda(ハルタ カンダ)

東京都千代田区神田須田町1-25-4 マーチエキュート神田万世橋

TEL:03-5295-0061

11:00~21:00(日祝 ~20:00)

 

haluta AndelLund(ハルタ アンデルンド)

長野県上田市小泉821-1

TEL:0268-71-3005

12:00~17:00(火、土、日祝のみ営業)

http://www.haluta.jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ