「今日のひとしな」4月担当は千葉「グリスーリ」の飯島里奈さん

今日のひとしな
2016.03.31

 

3月の1か月間、「メゾンエトラヴァイユ」の谷 奈穂さんによるデイリー連載「今日のひとしな」、いかがでしたか~? 明日からは千葉・稲毛にある雑貨店「gris souris(グリスーリ)」の店主・飯島里奈さんにバトンタッチ! 今日は、そのお店の様子をご紹介しますね。

IMG_2783
オープンしてから6年半、買いつけから販売までをすべてひとりで手がけている飯島さん。そのため、ふんわりやさしい雰囲気の中に、飯島さんの思いが詰まった濃密な空気に包まれている、とても素敵な空間です。

IMG_2793


店内には、手仕事のもの、暮らしの日用品、服や小物など、様々なアイテムが並びます。これらは、飯島さんが展示会やクラフトフェアなどをまわって買いつけたものですが、必ずしもその作家さんの売れ筋のものではないのだとか。ただ、飯島さんがときめいて選んだアイテムは、不思議とお客様たちの好みとぴったり。「ここに、好きなものが全部集まっているから、他のお店を見なくてもよくなったわ」と言われたこともあるそう。

IMG_2792

天井からたくさんつりさげられているガラスのオーナメントリングが、空間のアクセントになっています。
IMG_2770

まるでおうちで使っているかのようなディスプレイもかわいいですね。
IMG_2780

IMG_2779

試着室も広々~。
IMG_2794

店主の飯島さんは、ご近所から地方の方までファンがとてもたくさんいることでも知られています。飯島さんに相談ごとを聞いてもらいたくてやって来る近所の若いママ、その日行った先で見つけたおいしいものを手に、ふらりと寄ってくれるタクシー運転手さん……。「グリスーリ」の一日は、まるで一篇の映画のようなのです。

遠くの地に暮らすある女性は、月に1、2度電話をかけ「いまおすすめの服や雑貨をいくつか選んで送ってください」という、とっても大人なオーダー方法でお買い物をしているそう! それだけ飯島さんを信頼し、そのセレクトに惚れ込んでいるんですね。

IMG_2786
この笑顔に迎えられたら、お買い物に関係にないことまで、ついついおしゃべりしちゃいそうです。

IMG_2791

お店はJR稲毛駅から徒歩7分程度。閑静な住宅街の一角にある古いブルーの建物の一階です。奥には、小さな部屋があり、不定期でカフェ、教室、イベントなどを開催しているそう。詳しくはこちらをご覧くださいね。
「今日のひとしな」でご紹介したものは、電話オーダーも可能ですよ。

gris souris(グリスーリ)

手仕事のもの、くらしの日用品が並ぶ雑貨店。デイリー連載「今日のひとしな」の執筆は、店主の飯島里奈さん。
千葉市稲毛区稲毛台町12-12
TEL&FAX:043-239-7819
11:30~17:30 日・月曜定休
http://gris-souris.net

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ