「歩く」が、こんなに楽しいなんて!vol.2

からだ修行
2020.07.04

今月の先生:黒木公美さん(イハナ ノルディックウォーキング)

←vol.1はこちらから


では、いよいよ「ノルディッククウォーキング」実践編です。



まずは自分が使うポールの長さを調節。「身長×0.68」がポールの長さを決める公式で、私の場合だと身長161㎝ですから、「161×0.68=109.48」。約110㎝のところで長さを調整します。


ポールをすぐ前に持って握ったとき、ちょうど肘が直角よりもやや広くなるくらいのバランスです。調整ができたら、そのポールを持ったまま準備体操に入ります。



「まずは傷めやすい3つの首、首・手首・足首をストレッチします。ポールを少し前に置いて、首を前、後ろに倒してください。そしてぐるりと回していきましょう」


次に手首、足首を順に回していきます。


足首は、ひざを90度に上げて、空中で回します。




さらに両手でポールを持ち、左右に傾けたり、前後に動かすことによって、肩甲骨をほぐしていきます。


次にポールを下ろして支えにして、股関節まわし。足を数字の「4」のような形にして前後左右に動かしたり、ぐるりと回したり。


「ああ~運動不足で、固くなっていたな~」と、しみじみ感じ、回しながら、何だか笑えてきてしまいました。そんなふうにして関節がほぐれたら、いよいよウォーキングスタートです。

photo:砂原 文 text:田中のり子


→vol.3へ続きます

→その他の「からだ修行」はこちらから

Profile

黒木公美

Kumi Kuroki

東京生まれ、東京育ち。2014年ノルディックウォーキングのインストラクターとジュニアスポーツ指導員の資格を取得。2016年女性限定のノルディックウォーキングクラブ「IHANAノルディックウォーキングクラブ」を立ち上げる。砧公園・駒沢公園のレギュラーレッスンほか、各地で日帰りプログラムを開催し、年間延べ600名が参加。漢方上級スタイリストの資格も持ち、心身ともに健康な女性を目指すアイデアを提案している。
https://ameblo.jp/kumikuroki/

 

田中のり子

Noriko Tanaka

衣食住、暮らしまわりをテーマに、雑誌のライターや書籍の編集を行う。『ナチュリラ』(主婦と生活社)は創刊当初からのスタッフ。構成・執筆をした『これからの暮らし方2』『こころとからだを整える』(ともにエクスナレッジ)が好評発売中。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ