ストレス解消に効果あり! 齋藤菜々子さんの 「豚バラと春菊のゆず塩みぞれスープ」

2021.01.19

緊急事態宣言で外出を控える中、家でウツウツとしている方も多いのでは? そんなときはストレス解消に効果がある、こちらのスープをぜひ! この冬、大ヒット中の齋藤菜々子さんの『基本調味料で作る体にいいスープ』より、「豚バラと春菊のゆず塩みぞれスープ」をご紹介します。

春菊やゆずなど、香りの強いものは体をリラックスさせる効果があります。たっぷり加えた大根には、胃もたれを和らげる効果も。癒されながら食欲増進!

ボリュームがありますので、この1品でもお腹は十分に満たされことでしょう。ゆずはレモンやかぼすなど、好みの柑橘類で代用しても構いません。ぜひ作ってみてください。

 

豚バラと春菊のゆず塩みぞれスープ

 

[材料と下準備] 2~3人分

豚バラ薄切り肉… 70g
 ▶長さ4cmに切る

春菊… 1/3束
 ▶長さ4cmに切る

大根… 200g
 ▶すりおろす(汁けはきらない)

ゆず果汁… 小さじ1

ゆずの皮… 1/2個分
 ▶せん切りにする

🅰️
|水… 500ml
|酒… 大さじ1
|塩… 小さじ2/3
|鶏がらスープの素(顆粒)… 小さじ1/2

 

[作り方]

1️⃣ 鍋に🅰️を入れて中火で煮立て、豚肉を加える。色が変わったら春菊を加え、弱めの中火にして3分ほど煮る。 

2️⃣ 大根おろしを加えて煮立て、火を止めてゆず果汁を加える。

3️⃣ 器に盛り、ゆずの皮を散らす。

 

アレンジ
みぞれうどん

スープの1/2量ほどに塩ふたつまみを加え、パッケージの表示どおりに解凍した冷凍うどん1玉を加えて1分ほど煮る。

 

このレシピはこちらから!
齋藤菜々子『基本調味料で作る体にいいスープ』(主婦と生活社)

汁ものとしてはもちろん、主菜にもなってくれるような、満足感のあるスープのレシピ集。塩、しょうゆ、みそといった、基本の調味料で作れるごく簡単なものです。加えて本書では薬膳に基づいた食材の効能をご紹介しています。定価1485円(税込)

 

齋藤菜々子

料理家、国際中医薬膳師。一般企業に就職後、忙しい日々の中で料理を作ること、食べることが心身の充実につながることを実感し、料理の道を志す。料理家のアシスタントを務めながら、日本中医食養学会、日本中医学院にて中医学を学び、国際中医薬膳師の資格を取得。独立後は「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材を使った親しみやすい家庭料理のレシピを、雑誌やWebなどで提案している。
料理家齋藤菜々子 公式ホームページ
Instagram

 

photo 福尾美雪 styling 駒井京子

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ