炊飯器まかせで簡単に作れる! 玉ねぎの甘い香りがたまらない〜夏井景子さんの「新玉ねぎの炊き込みごはん」のレシピ

2021.03.24

家庭料理をテーマとした少人数制の料理教室で人気を博している、料理家の夏井景子さん。東京・二子玉川で開かれているお料理教室の人気メニューを、ぎゅっと詰め込んだ初めてのレシピ本『“メモみたいなレシピ”で作る家庭料理のレシピ帖』には、作って食べて楽しい夏井さんらしいおかずが満載です。


「レパートリーを増やしたい人、お料理に慣れたい人、ちょっとした息抜きにくる人、お料理が好きな人、嫌いな人。みんな理由はそれぞれですが、一緒にお料理をして同じ食卓を囲むのって、とても楽しいことだな、と毎回感じています」と夏井さん。
そんな夏井さんの和気あいあいとしたお教室の雰囲気が伝わってくるようなレシピ、ぜひみなさんも試してみてくださいね。

 

新玉ねぎの炊き込みごはん

玉ねぎの甘さをじっくり感じられる、シンプルでいて味わいのあるごはんです。
新玉ねぎがない季節だったら、普通の玉ねぎで作ってもおいしいですよ。


【材料(4人分)】
*炊飯器でも作れます
白米…1.5合
新玉ねぎ(繊維にそってスライス)…1/2個
油揚げ(横半分にカットし、細切り)…1枚
・昆布…5cm
 ・酒…大さじ1
 ・しょうゆ…大さじ1と1/2
水(+酒としょうゆ)…1.5合分★

★お米用の計量カップにAの酒としょうゆを入れ、水を足して1.5合分にするといいです


【作り方】
1   白米は研いで浸水させておく(約30分)。

2   浸水させたらザルに上げ、鍋にお米を入れる。を加え、水を入れる(酒としょうゆも水分量に加える)。新玉ねぎと油揚げを入れて炊く。

*炊き方は…強火にかけ、沸き立ったら弱火で9分半。 火を止めて蒸らし10分

 

【夏井景子さんのレシピはこちらにも】 

 

もっとレシピを知りたい方は、こちらをどうぞ!
『“メモみたいなレシピ”で作る家庭料理のレシピ帖』(主婦と生活社)

定価:1485円(税込)

「帰ったその日に、またすぐ作りたくなるくらいおいしい!」「内緒にしておきたい料理教室」と生徒さんから絶賛されている、料理家・夏井景子さんの料理教室の人気レシピを集めたレシピ集。「豆腐と根菜のつくね」「人参と豆苗のコチュジャン白和え」「ベトナム風卵焼き」「辛味噌の煮込みハンバーグ」「切り干し大根とツナのちらし寿司」「トマトクリームのロールキャベツ」などなど、家庭料理にちょっぴりヒネリを加えた目新しいレシピが魅力。レシピはすべて夏井さんによる手描き、イラストつきで、そのかわいらしさからもファンが急増中です。

 

夏井景子(なつい・けいこ)さん

1983年新潟生まれ。板前の父、料理好きの母の影響で、幼い頃からお菓子作りに興味を持つ。製菓専門学校を卒業後、ベーカリー、カフェで働き、原宿にあった『Annon cook』でバターや卵を使わない料理とお菓子作りをこなす。2014年から東京・二子玉川の自宅で、季節の野菜を使った少人数制の家庭料理の料理教室を主宰。著書に『“メモみたいなレシピ”で作る家庭料理のレシピ帖』『あえ麺100』『ホーローバットで作るバターを使わないお菓子』(ともに共著/すべて主婦と生活社)など。
http://natsuikeiko.com   Instagram  natsuikeiko

 

photo:衛藤キヨコ styling:夏井景子

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ