ふんわり香るチーズの風味がたまらない!バットで作れる簡単おやつ〜ワタナベマキさんの「チーズとシナモンのショートブレッド」のレシピ

◆GW特別企画◆まいにちレシピ公開
2021.05.03

ホーローバットをお菓子の型がわりにして、手軽におうちのおやつを作りましょう!と提案している「ホーローバットシリーズ」。第3弾の『ホーローバットで作るバターを使わないお菓子』では、人気料理家7人の方々による、バターを使わずに作れるシンプルなお菓子をたくさんご紹介しています。
年齢とともに、バターたっぷりのお菓子がきつくなってきた編集部員Aも、この本のお菓子なら安心して(!?)もりもり食べられて、うちでおやつを作ろうという時に開くことも多いです。



さて、普段からバターを使わないお菓子をよく作っているという料理家のワタナベマキさん。この本の中では、チーズを使ったお菓子を提案してくれました。
元々チーズは種類を問わず大好きで、日々のおやつとして、チーズを使ったお菓子もひんぱんに作っているそう。さっと作れておいしいこのショートブレッドは、みなさんのお家でも、きっと人気のおやつになってくれるはずです。


チーズとシナモンのショートブレッド

パルメザンチーズとシナモンがふわりと香る、少し大人っぽいショートブレッドです。
生地をこねないようにすると、さくさくの食感に仕上がります。


【材料(20.5×16×深さ3㎝のバット1枚分)】
・薄力粉…150g
 ・きび砂糖…50g
 ・シナモンパウダー…小さじ1
パルメザンチーズ…40g
植物油…70ml

【下準備】
・パルメザンチーズはすりおろす。
・バットにオーブンシートを敷く。
・オーブンを200℃に温める。

【作り方】
1 ボウルにを入れて手でさっと混ぜ、パルメザンチーズ、油(少しずつ)を加えてぐるぐるっと混ぜ、ひとまとめにする。

2 バットに入れ、ラップをのせて手で押して平らにならし、フォークで全体に穴をあけ、ナイフで2×8列に切り目を入れる。200℃のオーブンで25分ほど焼き、温かいうちに切り目にそってナイフで切り分けて冷ます。食べる時にシナモンパウダー少々(分量外)をふる。
*冷めてカリッとなってからがおいしい

 

【ホーローバットはこちらを使用しています】

野田琺瑯のキャビネサイズ(20.5×16×深さ3cm)のホーローバットを使っています。近いサイズのステンレス製のバットなどでも、同様に作ることができます。


【ワタナベマキさんのレシピはこちらにも】


もっとレシピを知りたい方は、こちらをどうぞ!
『ホーローバットで作るバターを使わないお菓子』(主婦と生活社) 

定価:1320円(税込)

ワタナベマキさん、吉川文子さん、若山曜子さん、小堀紀代美さん、ムラヨシマサユキさん、中川たまさん、夏井景子さんといった人気料理家7人が提案する、ホーローバットを型がわりにして作れるシンプルなお菓子のレシピ集。シリーズ第3弾のこちらは、バターを使わないお菓子ばかりをご紹介。料理家さんのキッチンの様子から、焼き菓子、ケーキ、プリン、アイスなどのバラエティ豊かなレシピが楽しめる、読んで楽しく使っておいしいお菓子の本です。


【ホーローバットシリーズはこちらもあります】

 

ワタナベマキ(わたなべ・まき)さん


1976年、神奈川県生まれ。ご主人、中学生の息子さんとの3人暮らし。グラフィックデザイナーを経て、2005年から「サルビア給食室」を立ち上げ、料理家に。雑誌や書籍でのレシピ提案、イベントなどで幅広く活躍中。著書に『ごはんにかけておいしい。材料2つで炒めもの』『うちの台所道具』『つまみサラダ100』『らくつまみ100』『アジアのごはん』『アジアのサラダ』『アジアの麺』(すべて主婦と生活社)、『ほったらかしでおいしい!蒸しレシピ』(学研プラス)など多数。
Instagram   maki_watanabe

photo:三村健二  styling:ワタナベマキ

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ