ラクチンなのにすっきり見える万能パンツを探しに Vol.3

大人になったら、着たい服
2021.09.15

歳を重ねると、体型が変わって、パンツ選びが難しくなってくるもの。そこで、体にすっとなじんではきやすく、しかも格好よく見える愛用パンツを着こなし上手な人に教えていただきました。ワードローブの中心になるパンツがピシッと決まったら、背すじを伸ばして、歩き出せそうです。

←Vol.2はこちらから



誰もがおしゃれに見える
コットンストレッチパンツ

徳田郁子さん


どんなトップスも受け止めてくれるシンプルさが魅力「ロエフ」の真っ白なシャツは袖まわりが丸く、曲線を描いた控えめな個性が光る。シンプルなのにフォルムが美しいパンツは、無地のトップスはもちろん、ロゴTシャツでカジュアルにと、柄や色物とも相性がいい。「ユナヒカ」コットンストレッチデイパンツ¥25,300


ヘアメイクアップアーティストとして、国内外をあちこち飛びまわって仕事をしている徳田さん。そんなとき必ず持っていくというのが「ユナヒカ」のコットンストレッチパンツです。

「ジャージー素材でラクチンなのに腰まわりがゆったり。膝下にかけて絞られたオリジナルのシルエットがきれいなんです」

上質感がある生地は、洗濯機で洗っても、型くずれしないのがいいところ。オールシーズン手放せないお役立ちパンツです。

 

毎年買い足したくなる
定番ワイドパンツ

引田かおりさん


ワイドパンツとフリルの新しい組み合わせでやや厚手のカジュアルな生地なのに、きれいめに着られるのはパターンが美しいから。袖にたっぷりギャザーが入った「スクランプシャス」のブラウスと合わせて春らしく。「ゴーシュ」カツラギワイドパンツ¥26,400


「定番で、毎年素材違い、色違いのものが出るから、楽しみなんです」と引田さんが教えてくれたのは、「ゴーシュ」の「カツラギワイドパンツ」。

「カツラギ」とは厚手の綾織りコットン生地のことで、丈夫さが特徴なのだとか。股上が深くヒップラインが出ないので、太めの人も、やせた人でもはきこなせそう。

「このごろ明るい色が着たいから、さわやかなブルーのチェック柄ブラウスと合わせてみました。トップスはインでもアウトでも楽しめます」

 

photo:花田 梢 text:一田憲子

→Vol.4に続きます

 


もっと詳しい内容は、ただいま発売中の
『大人になったら、着たい服 2021 春夏』でご紹介しています。
ご覧になってみてくださいね。

Amazon 
楽天ブックス 


→その他の『大人になったら、着たい服』の記事はこちら

Profile

徳田郁子

Ikuko Tokuda

ヘアメイクアップアーティスト。美容学校卒業後、美容師として働いたのち、ヘアメイク専門学校へ。化粧品会社勤務を経て、独立。広告や雑誌などで、多数のミュージシャンや女優を担当。

 

引田かおり

Kaori Hikita

専業主婦を経て、2003年東京・吉祥寺に、毎日の暮らしが少しだけ素敵になる器や日用品などを紹介する「ギャラリーフェブ」とパン屋「ダンディゾン」をオープン。https://hikita-feve.com

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ