【変わるおしゃれ 変わらないおしゃれ】サトウエミコさん 「プランテーション」デザイナー Vol.2

大人になったら、着たい服
2020.03.31

←vol.1はこちらから

ブランドのスピリットを
大切にしながら、
自分らしいスタイルを貫きたい


「黒でもいろんなスタイルがありますが、私が個人的に好きなのはロンドンのパンクな空気感が漂う黒。ライダースジャケットやスタッズをピリッと効かせるのが好きです。昔は、もう少しハードなスタイルもしていましたね。初めて『プランテーション』のデザインを手がけることになったとき、『革ジャンを作ってもいいですか?』と質問し、即却下されたのも今となっては懐かしい思い出です(笑)」


そんなサトウさんも、今は自分の核となる昔から変わらないスタイルに、日常的な心地よさや、趣味のアウトドアテイストを取り入れるのがお気に入り。たとえば、インディゴ染めのアイテムを黒と組み合わせたり、白いバッグやスニーカーで軽やかさを足したり。


「デザイナーとして、自分が手がけてきた服はやはりかけがえのないもの。ブランドのものづくりを愛しながら、自分流のコーディネートを楽しんでいます」

photo:和田直美 text:新田幸子

 

どこの洋服? など、もっと詳しい内容は、ただいま発売中の
『大人になったら、着たい服 2020 春夏』でご紹介しています。
ご覧になってみてくださいね。

Amazon 
楽天ブックス 

→その他の『大人になったら、着たい服』の記事はこちら

Profile

サトウエミコ

Emiko Sato

文化服装学院デザイン科を卒業後、コレクションブランドでパターン・企画を担当。30代で渡英後、デザイナーの仕事をしながら、アートスクールで学ぶ。2006年より、「プランテーション」のチーフデザイナーを務める。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ