【変わるおしゃれ 変わらないおしゃれ】サトウエミコさん 「プランテーション」デザイナー Vol.1

大人になったら、着たい服
2020.03.30

ずっと変わらず洋服は黒。
ロックな味つけで自分らしく


文化服装学院の在学中に、「装苑賞」を受賞。卒業後はコレクションブランドでキャリアをスタートし、数々のブランドでデザイナーとしての経験を積んできたサトウさんが「プランテーション」のチーフデザイナーになって今年で14年。全身黒で統一したコーディネートに、潔く刈り上げたモダンなショートヘアが映え、その凜とした佇まいがなんとも格好いい!


「昔から好きなものは変わりません。私が学生のころは、デザイナーズブランド全盛期。『ヨウジヤマモト』や『コム デ ギャルソン』がパリコレをスタートし、世界に黒の衝撃を与えた時期。そのときから洋服は黒一辺倒で、黒以外は着ません」ときっぱり。


過去にイギリスで暮らして、アートスクールに通いながら仕事をしていたこともあり、今もロンドンを想わせるテイストに惹かれるのだとか。


→vol.2に続きます

photo:和田直美 text:新田幸子

 

どこの洋服? など、もっと詳しい内容は、ただいま発売中の
『大人になったら、着たい服 2020 春夏』でご紹介しています。
ご覧になってみてくださいね。

Amazon 
楽天ブックス 

→その他の『大人になったら、着たい服』の記事はこちら

Profile

サトウエミコ

Emiko Sato

文化服装学院デザイン科を卒業後、コレクションブランドでパターン・企画を担当。30代で渡英後、デザイナーの仕事をしながら、アートスクールで学ぶ。2006年より、「プランテーション」のチーフデザイナーを務める。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ