世界中から旅をしてきた、デッドストックの古い琺瑯

今日のひとしな
2019.07.30

~「haku+」より vol.30 ~

新しい琺瑯も好きですが、古い琺瑯は少し錆びていたり欠けていたり。そんな味のあるところが好きなんです。そして、古いものは旅をします。
 
インドから届いた琺瑯の中には、日本製や中国製、チェコ製のものなどさまざま。どんな物語とともにインドへ渡ったんでしょうね。なんだか不思議なロマンみたいなもの、感じませんか?
 
web-kiji0008
 
きれいなブルーラインのリムプレート。
 web-kiji0009
 
洗面所やお風呂場が似合いそうな、少し深い四角い形。歯磨き粉や石鹸などを入れたくなります。
 
web-kiji0005 
深めのボウルには、ハンカチをくるくるっとまとめて。見た目もかわいいし、取り出しやすいので一石二鳥◎。
 
web-kiji0006 
小さめのマグカップ。植物を入れたり、デスクの上のペン立てにしても。
 
web-kiji0007 
タイのレンゲをたくさん入れると、まるで現地の食堂のよう。このラフさ、マネしたいですよね。
 
味のある、古い琺瑯たち。もし出会ったら、ぜひお手に取ってみてくださいね。
 

←お店の紹介はこちらから
←その他の「haku+」の記事はこちらから

 

haku+(ハクプラス)

兵庫県神戸市灘区宮山町2-4-7 サニー六甲3号
TEL: 078-862-8744
営業時間:12:00~19:00
定休日:水曜(不定休あり)
http://hakuplus.jp
Instagram「@hakuplus_

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ