定番の朝ごはん

器店主の朝ごはん
2019.09.08

「暮らすうつわとうもん」植村礼子さんvol.1


9月を担当させていただきます「暮らすうつわとうもん」の植村礼子です。

breakfast1_1
平日の朝ごはんはごはん・納豆・卵料理・具沢山味噌汁・フルーツ・ヨーグルト・1品野菜のおかずという構成です。卵料理は日によって目玉焼きにしたり、ゆで卵にしたりと色々です。

お恥ずかしながら、朝がとても苦手で実際に朝に作るのは卵料理とお味噌汁ぐらい。5時45分から夫と二人でキッチンに立ち、手分けして10分ほどで作ります。

野菜のおかずは常備菜です。今日は小松菜とおじゃこのおひたし。

breakfast1_2
ガラスの小鉢は、長野に住む永木卓さんという作家さんのもの。透明なガラスだと夏しか手が伸びなかったりするのですが、グレーやアンバーといった色のガラスのうつわは、冬でも違和感なく使えるし和食器ともとても相性がいいので、とても重宝しています。

また、「ガラス」や「木」のうつわという異素材を混ぜることで食卓に奥行きが出るような気がします。

子供が小学校に入ってからは、平日は出来るだけごはんを食べさせています。 

breakfast1_3
使用した器:
 納豆(平岡仁)・きなこ杏ジャムかけヨーグルト(黒川登紀子)
 ヨーグルトのスプーン(富井貴志)・キウイ(とりもと硝子店)
 フルーツのフォーク(中村友美)・ハムエッグ(佐藤もも子)・ごはん(原朋子)
 わかめと豆腐の味噌汁(蝶野秀紀)・小松菜とおじゃこのおひたし(永木卓)
 箸置(原朋子)・箸(兵左衛門)

→「暮らすうつわとうもん」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ