那須編 vol.2 手ごねでつくる「RAKUDA(ラクダ)」のパン 

わたしの街
2016.11.12

今月の週末連載「地元のおしゃれさんの、わたしの街」は、栃木県の那須を特集します!  那須といえば御用邸もある高原リゾートで、紅葉がちょうど見頃を迎えています。 また黒磯駅周辺には、おしゃれなカフェやショップが集まり、週末のマルシェは大賑わいなのだそう。そんな注目の街・那須を、素敵なイラストやオブジェ制作で人気のクリエイター・RARI YOSHIOさんにご案内していただきます!

←vol.1はこちらから
**********************************************

那須には、おいしいパン屋さんがたくさんあります。黒磯駅からほど近く、自宅敷地内に建てられたちいさな小屋のパン屋さんが「RAKUDA」です
 s-0000
通り沿いから看板が見えます。月曜から水曜までの3日間OPENしています。

 s-0001
扉を開けて入っていくと、こんなしつらえで迎えてくれます

 s-0002
「RAKUDA」は手ごねにこだわったパン屋さんで、パン作りから販売まで店主の山下美奈さんがひとりで担当しています。

s-0003 
パンのよい香りのなか、ショーケースにならんだパンを選ぶときはいつもワクワクします
常時、10種類くらいが仲良くならんでいます。

 s-0004
シナモンロールも人気のパンです。那須で開かれるマルシェ「大日向マルシェ」に出店しているときは、あっという間になくなってしまいます。

 s-0005
地粉のカンパーニュは、数量限定。ワインに合いそうなパンですね。

 s-0006
工房のなかを覗いてみると、焼きたてのパンが美しくならんでいました。

 s-0007
お店を開くまではマルシェや「SHOZO CAFE」さんでの販売が中心でした。地道に作り続けることでファンが増えて、お店としてOPENしたのが、2013年の3月。

ひとりのお店なので、無理せず週3日のOPENというスタイルも美奈さんらしくていいなと思います。それでも暑い時期は、ちいさな厨房でのパンづくりは体力的にも限界があるので、1か月ほど夏休みをとっています。

 s-0008
ライ麦などのハード系のパンはとくにその姿がうつくしいな……と感じます。それは、美奈さんの思いがそのまま表れているようで、真摯に日々作り続けるということの大切さを教えてもらっています。

 s-0009
那須に来たときには、ぜひ立ち寄ってほしいのですが、東京「SHOZO青山店」でも、毎週木曜日には「RAKUDA」のパンが並びますので、そのおいしさを味わっていただければと思います。

 

【2月更新】神戸編はこちらから
【3月更新】大阪編はこちらから
【4月更新】神戸編Ⅱはこちらから
【5月更新】京都編はこちらから
【6月更新】名古屋編はこちらから
【7月更新】弘前編はこちらから
【8月更新】福岡編はこちらから
【9月更新】愛媛編はこちらから
【10月更新】京都編Ⅱはこちらから

RAKUDA

栃木県那須塩原市本町2-11
TEL:0287-63-2986
月~水曜のみ営業 13:00~17:00
https://www.facebook.com/rakuda.pan/?fref=ts

Profile

RARI YOSHIO

バッグデザイナーを経て、ショッププランニング、雑貨セレクト、ディスプレイなどのディレクションに携わったあと、2001年に独立。イラストや写真、花などを使った作品など、クリエイターとして活躍。2007年より那須に移り住み、「JARDIN BLANC」を主宰。著書に『FLOWER BOOK』(六耀社)、『SUNDAY RABBIT』(ポプラ社)などがある。

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ