『育てよう』~おしゃれ暦vol.15~長月

おしゃれさんコーディネート
2016.09.10

『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる、季節のおしゃれエッセイ、第15回目です。残暑は厳しいですが、暦の上ではもう秋。端境期のおしゃれに有効な定番デニムの着こなしをご紹介します。

 ←vol.14はこちらから

*************************

 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

 

コンプレックスは、センスを養う原動力になる。

脚が短いのに、細身のパンツで一生懸命ブーツを履いたり、

目がチカチカすると言われながらも、多色使いにこだわっていた10代。

「デニムは、白のTシャツで合わせられるようになったら本物だね」

先輩がどっかの雑誌の受け売りで言っているが、

確かに、、と思いつつひそかに目指すが、すぐに挫折する10代。

洋服が好きだという自覚症状が現れて25年。

ファッションに携わる仕事を初めて20年。

センスは、確実に育めるものと感じている。

そして、節目節目でデニムを履くことにしている。

同じデニムを、今の自分が履くとどうなるか?

 

s-IMG_8438

 

履こう、と思って履かないと、なかなか履く機会を逸してしまう

ワンウォッシュのデニムも、季節の節目なら入りやすい。

 

 

s-IMG_8414

 

まずはやはり、白のTシャツでシンプルに着て鏡の前に立つ。

 

 

s-IMG_8422

 

メンズライクな革靴で、ロールアップはこのくらいに控えておこう。

 

 

s-IMG_8427

 

今の自分の感覚を研ぎ澄まし、サイズを選ぶ。

昔は、ただただ、ジャストサイズにこだわったけど、

そうじゃないほうが素敵なこともあるということを学んだから。

ワンウォッシュは、色落ちも楽しみだ。

 

 

s-IMG_8472

 

一年も履くと、いい色落ち具合。

こうなるともう手放せない。

 

 

s-IMG_8450

 

自分で色落ちさせたデニムは、傍から見てもわかるものだ。

加工して落としてあるものも、今はリアルだが、

それでも、なんとなくわかるものだ。

 

s-IMG_8457

 

なんとなく、仲が良さそうに見える。

 

s-IMG_8483

 

ちょっとした仕草も様になっていたりする。

 

 

そうすると、こんなブラウスも着てみようかと考える。

 

s-IMG_8519

 

女性らしいブラウスだから、履き方も靴も変えてみよう。

 

s-IMG_8498

 

ちょっとしたヒールの靴を履いて、

ロールアップの回数を増やしてバランスを探る。

 

s-IMG_8487

 

前の自分より、デニムの履きこなしが素敵になった気がする。

 

 

s-IMG_8496

 

季節の節目がやってきた。

育てよう。

ワンウォッシュデニムで自分色を。

ついでにセンスも育つかも。

 

 

 

ボトムス:orslow 105STANDARD ¥19,800 tax

トップス:FABRIQUE クルーネック長袖Tee ¥5,900 tax

ブラウス:maison de soil 刺繍ブラウス ¥20,000 tax

シューズ:R.U.  Anon ¥46,000 tax

シューズ:Catworth パテント(私物/2017年春夏入荷予定)

バッグ:私物

 

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分

 045-482-4026

営業時間:11:0020:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ