「bunai(ブナイ)」のカンタ(ラリーキルト)の服 ~フーコより vol.21~

今日のひとしな
2016.11.21

刺繍や織物、プリントなど世界各地で作られている布物が好きで、これだ!というツボのものを見つけるとついつい買い集めてしまう。アジアでもヨーロッパでもどこの国でもそれぞれの気候や風土、生活の中で育まれた模様や色の組み合わせなどそれぞれにあった素材や技法で手仕事を見ることができる。今回はインドのカンタと呼ばれている布をリメイクして作ったお洋服発表しているブランド「bunai(ブナイ)」をご紹介する。

s-0000

s-0001

カンタはインド・パキスタン・バングラデシュ地域で作られている布である。地域によっては「ラリーキルト」と呼んだりする。布を幾重にも重ねてランニングステッチを施したキルトのことをこう呼ぶ。素材はコットンのサリーだそうだ。

s-0002

カンタはサリーのプリントの素晴らしさも堪能できるし、重ねた布を針と糸で縫ったランニングステッチの持つ柔らかい雰囲気と布の重なったふかふかした感触がいい。

s-0003

「bunai」では洗練されたフォークロアのお洋服が楽しめる。大きな一枚の布であるカンタの魅力をたっぷり味わえるようにモダンなデザインの洋服に仕立ている。1点1点プリント柄や色合いも異なるので、それぞれに自分のお気に入りのポイントを発見するのも楽しい。大柄のものやカラフルな色合いが中心で華やかさを身にまとうことができる服である。
スカートはリバーシブル仕立てになっているので表と裏の色や表情の違いを堪能できる。トップスには無地などシンプルなものが合わせやすいだろう。この時期ならばタートルネックのインナーを重ねて着まわしたい。
1点1点生地の厚みやステッチの色合いなどは異なるのだが、今品揃えしているものは比較的生地に厚みがあるから冬でも重宝しそうだ。エプロンのようにして使ってもいいと思う。

s-0004

所々、生地が傷んでいるところなどは丁寧に当て布が施されおり、色とステッチ使いのステキなパッチワークの表情が楽しめる。刺し子の刺し方にも地域によって針と糸の進め方が違うようでいわゆるランニングステッチなのだが、四角くマス目に刺していたり、十字の模様になっていたりと様々。布を見ているだけでも嬉しくなるが、それを身にまとう楽しみのある一品だ。

トップス ¥28,000+tax
スカート ¥22,000+tax
サイズ:フリー
オンラインショップでもお取り扱いしております。

 

←お店の紹介はこちらから

フーコ

http://fu-koshop.com/

東京都台東区寿1-20-11
TEL:03-5830-2355
営業時間:12時~19時
不定休
※営業日はこちらのカレンダーをご確認ください。

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ