ふわっと舞うカディのやわらかさ 「オオシマレイ」のギャザースモック

“おしゃれの名脇役”に会いに行く!
2017.03.14

名作と呼ばれる映画には、必ずといっていいほど実力派の脇役が存在するもの。それは、おしゃれも一緒です。一見何げないのに、実は丹念にこだわって作られたアイテムたちは、主役を引き立てるための十分な腕前を持ち合わせています。この連載では、そんな“おしゃれの名脇役”にスポットライトを当て、王道のものから隠れた逸品まで、幅広くリポートしていきます。

photo : 花田 梢 text : 三宅桃子

「この一枚が、『オオシマレイ』というブランドが生まれるきっかけになりました」と開口一番に話してくれたのは、デザイナーの大島 麗さん。2005年、自身が手がけているもうひとつのブランド「キン」の春夏コレクションの1アイテムとして発表され、その翌年にスタートした「オオシマレイ」のアイコン的存在となったのが、こちらのギャザースモックブラウスでした。

otona_MG_9719

「オオシマレイ」ギャザースモック各¥22,000

※商品の価格は2017年3月現在のもので、表示は税抜きです。

 インスピレーションのもとになったのは、古着屋さんで出会った19世紀の男性用シャツ。

「一般的に、レディースもののアームホールはカーブがかかっていますが、このスモックは直線的にして男性的な要素を取り入れています」

otona_MG_9727

 切り込みの下には、19世紀によく使われていたスクリプト書体の刺しゅうが。

otona_MG_9737

切り込みの先端には糸ループを施し、裂けない工夫が施されています。

otona_MG_9734

そして、こまやかなこだわりは首元や袖口にも!

otona_MG_9743

繊細なピコット刺しゅうが施された袖口は……

otona_MG_9749

ふんわりとしたニュアンスと強度を高めるために、生地を輪にして2枚仕立てにしているのです!  小さな穴が重なり合うことで、より繊細さも増します。

素材は、インドで手紡ぎ手織りされているカディ。

otona_MG_9751

そっと寄り添ってくれるようなやさしい肌ざわりと、ふとした仕草でふわっと舞う軽やかさは、最高に心地いい!

プレスの郷 真理さんも「表情の豊かさに魅了されて、入社前からファンでした」と語ります。

「通気性がいいので春夏は一枚で。秋冬は下にタートルネックを着たり、上からGジャンをはおったり。季節問わず楽しめるのも嬉しいですね」

裾を出して着るのはもちろん、ボトムにインするスタイリングも新鮮。大島さんは、1970年代風のフリンジデニムやアンティーク調の小物を合わせる着こなしが気分なのだとか。

otona_MG_9770

「オオシマレイ」デニムパンツ¥25,000、シューズ¥34,000

 スモックの人気ぶりは、チュニックやマキシ丈ワンピースにも拡大。

otona_MG_9721

「オオシマレイ」ワンピース¥35,000、チュニック¥25,000

 営業の浅水康博さんからは、ロングセラーを支えているこんなエピソードも。

「裁断、刺しゅう、縫製、染色などの工程を、それぞれ信頼できる国内の専門工場で行っているのですが、生産を始めて以来どこも変わっていないので、作り手の間にもファミリーのような絆が生まれていて。バイヤーさんからのオーダーが途切れない理由は、そんな背景にもあるような気がしています」

 お母さまがパタンナーだったという大島さん。

「実は、母と一緒にパターンを引いたというのも、思い入れが強い理由のひとつです」

ブランドコンセプトである“過去と未来をつなぐもの”“対比するものをひとつにする”“自然体であること”を体現したスモックブラウスは、袖を通すたびに大切な何かを感じさせてくれそうです。

 

マチュピチュ(オオシマレイ)

TEL 03-5459-3713

公式サイト http://www.machu-pichu.net/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ