年を重ねたからこそ楽しめる晩夏の浴衣

おしゃれさんコーディネート
2017.08.27

熊本「Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)」vol.12 晩夏の着こなし

みなさんこんにちは。残暑厳しい毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。「おしゃれさんコーディネート」8月担当の「Ecru et pousse」松村由紀です。

いよいよ最後の週になりましたが、今回は大人ならではの楽しみ「和装」をテーマにしてみました。幼い頃から祖母が普段から取り入れてた和装に憧れ、将来自分もそんな大人になれたらと思ってましたが、いまだ憧れのまま……。自分で着られてこその世界、 娘たちの浴衣ぐらいならやっと(得意の誤魔化し技ですが)、着付けれるぐらいでして……。今回は、頼れる存在の友人に助けを求めました!(ありがとう)

8月も半ばを過ぎるとそろそろ浴衣も終わりかな……と思ってしまうのですが まだまだ楽しみたい。少し過ごしやすくなってきた頃こそ、ぴったりなのではと思うのです。

12-1
この時季に着るなら、夏から秋へシフトする色や柄を選ぶことが大切かなと思います。

12-2
テキパキと着付けていく姿がかっこよかった。これも思い出。着付けの間、笑い声の絶えない時間でした。

12-3
草履は「ミナ ペルホネン」。5年前のもので大切に愛用してます。 今回の2パターン、両方のコーディネートに登場です。

12-4
「ミナ ペルホネン」の浴衣も5年前のもの。フラワーベッドという柄。 洋服でも展開してる柄なので、洋服の感覚で着られるのが「ミナ ペルホネン」ならではかなと思います。

12-5
バッグも「ミナ ペルホネン」。タンバリン柄のフラッグバッグをクラッチ風に折りたたんで持ちました。柄×柄だけど、トーンが合っているので、しっくり。

12-6
「地味なのか派手なのかコーデ」。全身柄だけど、色が地味なのでレースの重ね襟を付けることによって、顔色がパッと明るくなりました。

12-7
足袋は「ドゥーブルメゾン×ミナ ペルホネン」コラボのもの。ジェリービーンズという大好きなテキスタイル。

12-8
あえて今回は、柄×柄に挑戦。草履のグリーンと足袋のトーンを合わせました。

12-9
帯は、カラフルで何通りも締められる優秀さん。浴衣の柄に負けないように、色鮮やかな変わりリボン結びに。

12-10
帯締めがあるだけでキリッと締まりますね。浴衣にも帯締めをするのが好きです。今回は「ミナ ペルホネン」のブローチを帯留めに使いました。

そしてポイントにしたかったのが「nolum(ノルム)」のサシェ。先日、佐賀の小間物店「12(ドゥーズ)」を訪れた際に出合って、根付のような感じで浴衣や着物にぶら下げたらよさそう! とひらめき、購入しました。ほどよく香りもして、いい感じ。

12-11
本屋さんへ行こう。

12-12
熊本市電近くの「長崎次郎書店」は、佇まいも趣があり、和装にぴったり。

12-13
あ、「ナチュリラ」発見! この本屋さんは、2階の喫茶室も素敵なのです。今度はお友達と浴衣デートしたいな。

・・・・・・・・・・

12-14
また別の日の浴衣コーデ。この日は、涼しげな白地に黒の浴衣を、着物風に仕上げてもらいました。

12-15
前回とは対照的に、シンプルな雰囲気の浴衣。「ドゥーブルメゾン」の、組み紐をモチーフにしたロープダイヤという名前の浴衣を選びました。

12-16
髪はいつものアップスタイル。和装にも合うでしょう。後頭部にボリュームを出すと、バランスがよさそうですよ。

12-17
帯はシックな黒。こちらはアンティークの名古屋帯。刺繍が素敵でした。アンティーク帯や着物は、宝探しみたいにお値打ち品に出合う楽しみもあるんですって。今回は大人らしく、お太鼓結びで落ち着いた雰囲気に。

12-18
晩夏から秋を意識して着物風に着たかったので、帯揚げと帯締めもプラスして。襟も白で潔く。帯揚げは優しい水色を差し色に。帯締めはモノトーンできりりと。帯留めは「ensemble」ゆかさんの手作り。いろいろな和装に合う優れもの。

12-19
こちらのサシェも「nolum(ノルム)」。ゆらゆらと揺れるたびに、いい香り。

12-20
友人と待ち合わせして、浴衣で熊本観光も楽しそう。

12-21
カメラマンの穴見さんの奥様、まいちゃんも着せてもらって、2人で晩夏のよい思い出になりました。

12-22
今は今のよさを引き出し、歳を重ねてこそ似合う幅が広がるのが和装だと、私は思います。大切な日に着るのはもちろんですが、普段のちょっとした特別な日に着られるように、着付けを習いたいなぁと妄想中な私です。

みなさんもいつもと違う自分を 浴衣で味わってみませんか。
8月の「おしゃれさんコーディネート」も 見てくださるみなさんのお陰で、楽しいことをいろいろ考えながら撮影出来ました。ありがとうございました! 次は担当最後の11月にお会いましょう~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の穴見春樹さんの一枚。

穴見さん
夏休みも残りわずかとなりましたね。

海に、お祭りに、花火に、
夏は楽しいイベントがたくさんある季節
たくさん思い出残せましたでしょうか?

9月に入ると、熊本は少しずつですが
朝夕は涼しくなってきます
またお洋服選びが楽しい季節がやってきますね
次回11月の「おしゃれさんコーディネート」でも
「Ecru et pousse」の由紀さんと
ワクワクするようなコーディネートを
ご紹介できるよう
精一杯取り組んでまいります!

写真は、旅先で散歩中、偶然見かけた教会。
朝日を浴びて、
町にひっそり佇む姿が綺麗でした。

 

撮影協力:atelier graine(アトリエ・グレーヌ)

←その他の「エクリュ エ プゥス」の着こなしはこちらから

Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)

熊本市北区打越町40-61
TEL/FAX:096-288-3321
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜、水曜 (他、不定休)
http://www.ecru-et-pousse.com
Instagram: https://www.instagram.com/ecru_et_pousse

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ