「ミナ ペルホネン」で冬のほんのりフォーマル

おしゃれさんコーディネート
2017.11.26

熊本「Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)」vol.16 冬の着こなし


みなさんこんにちは。日曜日、いかがお過ごしでしょうか。「Ecru et pousse」松村由紀です。

2、5、8、11月と、季節ごとの着こなしを1年間お届けしてきた「おしゃれさんコーディネート」も、とうとう最後の回になり、撮影も特別な気持ちになりました。 今回も、皆さまの日々のおしゃれに、少しでもお役に立てれたら嬉しいです。

さて、11月も残り5日。冷たいキーンとした空気を吸い込んで、さぁ何着て行こう? と考える朝も好き。

16-1
選んだのは「ミナ ペルホネン」 の「rytmi」という名のテキスタイルが使われたワンピース。 ネイビーに白い小さなボタンと、首元の白いパイピングがポイントです。前あきなので羽織ることもでき、普段からよくコーディネートに登場します。よく合わせるのは、白いブラウスにデニムパンツです。

16-2
後ろについたベルトもポイント。

16-3
フォーマル感のある「ミナ ペルホネン」の「lumi」のバッグを、 カジュアルに合わせてみました。ネイビーとホワイトで爽やかに。1週目で登場したコートと同じ生地のもの。雪が舞っているみたいに見える、可愛らしいバッグ。

*********

16-4
次は、ボタンを閉めて、フォーマルスタイルで着てみました。

16-5
髪はまとめて。アップにするだけで、凛とした気持ちになりますよね。

16-6
ネックレスは「Niki.du.poulain」のもの。 「Ecru et pousse」のオリジナルカラーで、5連ネックレスを作ってもらいました。

16-7
イヤリングも、ネックレスとお揃いのカラー。

16-8
バッグは白のレザー。

16-10
持ち手を短くすると、カジュアルなバッグもキレイめに持てるので、2wayバッグは便利です。そうやって、自分スタイルにコーディネートできるようになると楽しいですよね。

16-9
熊本には素敵な場所がいっぱい。凛とした気持ちになる場所に、お気に入りの服で出掛けたい。

**********************

さて 次に選んだのは、「ミナ ペルホネン」の「jardin」というテキスタイルが使われた、どこか懐かしい雰囲気のニットワンピース。

16-14
アルパカの毛も入っていて、柔らかな着心地でポカポカあったかい。

16-11
肩の刺繍にうっとり。ぷっくり温かみのあるお花の色合いも好き。

16-12
バッグは「ミナ ペルホネン」の「forest parade」という名前のレースが付いた、なめらかなレザーの巾着ポシェットを選びました。斜め掛けにしたり、肩に掛けたり、コーデに合わせて持ち方を変えます。「R&D.M.Co- 」のタッセルマフラーも必需品。

16-13
靴は足元にボリュームが欲しかったので、ショートブーツにしました。これは 数年前の「ミナ ペルホネン」のもの。ワンピースと同系色をセレクトしました。

16-15
ざっくりと首元を包んでくれるハイネックのデザインだから、ヘアスタイルはスッキリとアップスタイルの方が良いですね。ぼやけ気味な顔まわりには、「Niki.du.poulain」のイヤリングを選びました。ブラックの一粒がポイントになり、全体を引き締めてくれます。

16-16
巾着ポシェットを、キレイめスタイルのバッグに変えてみました。選んだのは「ミナ ペルホネン」の「lumi」。ワンピースと同じトーンのベージュをチョイス。

16-17
ワンピースは、どこか懐かしいデザイン。ウエストのリボンをアレンジして着たいな。

16-18
このタッセルマフラーは優秀で、コート代わりになるくらいポカポカ、そして軽いのがお気に入り。マフラーを肩にふわりと掛けるだけで、大人な気分に。

16-19
年齢を重ねることによって、 好きな物と似合う物が一致しなくなるとよく聞きますが、髪型を変えてみたり、ピアスやイヤリングなどアクセサリーを足してみたり。そして、いつもは選ばない色やデザインにも挑戦して欲しいですね。そこに発見とわくわくが、きっとあると思います。

今回で最後となった「おしゃれさんコーディネート」。2、5、8、11月を担当させて頂き、いろんな発見と経験をさせてもらえて感謝の気持ちでいっぱいです。

去年の熊本地震を経験した私たち。アパレル業の在り方を考えるきっかけにもなりました。着る物は二の次、オシャレなんて考える余裕もありませんでした。 でも今、こうやってオシャレを楽しめる自分が居て、それを楽しみにして下さるお客様が居ることが、なんて幸せかとつくづく感じます。

お気に入りの物を身につけることで その日1日がハッピーだった……と、そんな単純なことがすごく大事で。 微力ながら、そのお手伝いが出来ればと。 そして、これからも自分たちらしい提案をして行けたらと思ってます。

4ヶ月間、日曜日の更新を楽しみにして頂き、とっても嬉しかったです。ありがとうございました。そして、この連載を毎回、趣向を凝らした内容でお届け出来たのは、カメラマンの穴見春樹さんと、奥様の舞さんのお陰です。悩む私のサポートと提案、いつも素晴らしいロケーションやアイデアを準備してくれました。心からありがとう。

またどこかでお会いできる日を楽しみに、日々を大切に頑張ります。これまで読んで下さりありがとうございました。

16-20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週の穴見春樹さんの一枚。

今週の一枚-1
11月もいよいよ最後となりました。

一年間、ご覧下さった皆様、
本当にありがとうございました。
毎回撮影に協力して頂いた「Ecru et pousse」の由紀さん、
暮らしとおしゃれの編集室のスタッフの皆さん、
楽しい時間を本当にありがとうございました。

写真は七五三お参りの、朝の一コマ。
その時の出来事や、思い出をそのまま写真に記録すること、
これからも、大切にしていきたいです。


撮影協力:atelier graine(アトリエ・グレーヌ)

←その他の「エクリュ エ プゥス」の着こなしはこちらから

Ecru et pousse(エクリュ エ プゥス)

熊本市北区打越町40-61
TEL/FAX:096-288-3321
営業時間:11:00~17:00
定休日:日曜、水曜 (他、不定休)
http://www.ecru-et-pousse.com
Instagram: https://www.instagram.com/ecru_et_pousse

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ