「copse(コプス)」小森知佳さんの春服

ナチュリラ
2018.03.19

みなさん、「ナチュリラ」春号はもうお手にとっていただきましたか~? 今号では、「今日のひとしな」に登場した東京近郊のライフスタイルショップや雑貨店に再度お邪魔して、おすすめ春コーデを聞いてきました。さらに詳しく知りたい方は、「ナチュリラ」春号をご覧くださいね。

・・・・・・・

「copse(コプス)」の小森知佳さんがお店を始めたのは、「この小さな街で、長く暮らす」と決めたから。「それなら、生活していて楽しい街にしたい。店を開くことで、ささやかでもそのお手伝いができれば、と思って」。“長く”というのが、何より大切。ずっと愛せる器、使い続けたい道具。そして、自ら「洋服の素人」という小森さんだからこそ、ブランドに惑わされず、実際に身につけ、納得した服。ここに来れば、長く共に歩める、暮らしの相棒が見つかります。

180123_0116
シンプルな組み合わせだからこそ、それぞれの素材感や、考え抜かれた絶妙なシルエットを楽しめます。「着ていて心地よく、落ち着く服を置いています。遠慮せずたくさん試着してください」

「サラジジ」カットソー¥8,000、「ヌッテ」パンツ¥12,800、コート、靴/私物

180123_0080
コットンの白ブラウスは、シンプルながら装いを品よく見せてくれる心強い味方です。

「ヌッテ」ブラウス¥10,000、「サラジジ」スカート¥15,000

180123_0156
小森さん自身も愛用し、色違いで何枚も持っているカットソー。しなやかなラフィーガーゼは、まるでカシミアを思わせる、うっとりする肌触りです。

「サラジジ」カットソー 各¥8,000

180123_0096

筒井幸彦さん作の山ぶどうをはじめ、あけび製など大小のかごバッグが天井に並んでいます。

かごバッグ¥22,000~

 

_0010024

 

photo:小山奈那子 text:福山雅美 「ナチュリラ」vol.41より

←その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

←「コプス」の「今日のひとしな」はこちらから

 

 

copse(コプス)

東京都練馬区石神井台3-24-39 ロイヤルコトブキ 1F
TEL:03-6913-1544
http://www.copse.biz

※現在、企画展の期間のみの営業です

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ