スタイリスト・轟木節子さんが監修した、大人女子にぴったりな「BIWACOTTON(ビワコットン)®」のアイテム

sponsored
2018.03.29

CTC_0150
「ナチュリラ」でも創刊以来、毎号、素敵なスタイリングを披露してくださっているスタイリストの轟木節子さん。誰でも着こなしやすいスタンダードなコーディネートの中に、大人女子の心をギュッとつかむポイントを潜ませるという魔法のワザを持つ、大人気のスタイリストさんです。

CTC_0174-Edit
その轟木さんが今回プロデュースしたのがこちら。琵琶湖に隣接した滋賀県高島市で作られる素材「BIWACOTTON(ビワコットン)®を使ったキャミソールやTシャツ、レギンスなど6点のアイテムたちです。

ca_234

ビワコットンインナーキャミソール(ダークネイビー) 5,000円+tax

「BIWACOTTON®」は、コットン100%なのにサラッとしていて肌離れがよく、これからのシーズンのインナーにぴったりの素材。「汗をかくシーズンでも心地よく着られるんです。暑い日は特に、私もこのキャミソールが手放せなくなりそう」と轟木さん。

ca_181
ビワコットンタートルネックラグランスリーブ(杢グレー) 6,500円+tax

一枚で着ても、インナーとして重ね着しても大活躍してくれそうなのが、こちらのタートルネックカットソー。タートルの絶妙な長さと、しっかりとした生地感を生かして、このようにタートルを折らずに立たせて着ることで、より大人な印象に。轟木さんがセレクトした色違いも、豊富に揃っていますよ!

biwa_tips_img2
ちなみに、「BIWACOTTON®」のルーツは、なんと江戸時代から日本人が愛用しているステテコ! 高温多湿な日本の夏を快適に過ごすため、機械のない時代から職人技によって、風通しがよく肌にはり付きにくい「高島ちぢみ」という素材が作られ、ステテコに仕上げられていたのだそう。現在は、その製法を機械織りに合わせて進化させ、普通の糸よりもかなり強く撚り、あえて隙間を設けて織ってシワ加工を施すことで、現代のカジュアルウェアに合う、通気性や肌触りのいい生地に仕上げているのです。

CTC_0075
「私も最初は、清涼感と肌触りのよさに惹かれました。ファッション誌の撮影で『BIWACOTTON®』のTシャツをスタイリングに使ったら、着用したモデルさんが『これ、すごく気持ちいい!』と驚いていて。たくさんの服を着てきたモデルさんが感動するくらいだから、説得力がありますよね」

CTC_0063
「さらに、この伸縮性も魅力的。コットン100%なのにストレッチがきいているので、脱ぎ着がとってもラクチンなんですよね。使われている糸を拝見したら、ものすごく縮れていてびっくりしました。これだけ強く糸が撚られているからこそ、このストレッチ性が生まれるんですね」と轟木さんも感心しきり。強く撚られた糸を織り上げるのは、技術的にとても難しく、完成までには数えきれないほどの試作が繰り返されたのだそう。

そんな奇跡の素材「BIWACOTTON®」の手触りを実際に体感できるポップアップストアが、この春、全国で巡回しますよ~。轟木さんとのコラボアイテムをはじめ、これからの春夏シーズンにぴったりのこだわり服がズラリと並びますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。もちろん、オンラインショップならいつでも購入できますよ。

 ●POP UP STOREのスケジュール

3月16日~4月1日 「代官山 蔦屋書店」(代官山 T-SITE)
3月16日~4月16日 「日本百貨店」(グランスタ東京 B1F)
4月27日~5月6日 「collex」(渋谷ヒカリエ ShinQs 5F/二子玉川 玉川高島屋南館4F)
5月11日~6月8日 「TENOHA代官山」
5月9日~5月21日 「京都 高島屋」
5月30日~6月17日 「遠鉄百貨店」(静岡・浜松)

Profile

轟木節子

setsuko todoroki

スタイリスト。1972年熊本生まれ。ファッション誌やカルチャー誌、広告などで幅広く活躍。シンプルな中にスパイスの効いた、独自の空気感が漂うスタイリングが人気。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ