半纏(はんてん)とコラボ!?「宮田織物 for SALON」

今日のひとしな
2018.08.29

~SALON adam et ropéより vol.29~


本日ご紹介する今日のひとしなは、「宮田織物 for SALON」の半纏(はんてん)です。

BV1A1202
IMG_9980
とある展示会で、宮田織物の半纏に出会いました。綺麗な色、素材テクニック。会場に物凄い数の半纏が並んだ様子を見て、“「半纏」=家で着ている日本古来の防寒着”というイメージが、一気に覆されました。

「SALON adam et ropé(サロン アダム エ ロペ)」では、ホームウエアとして様々な素材でガウンやアウターを作ってきました。そして、展示会での出会いをきっかけに、「この半纏も取り入れたい!」という思いが募り、宮田織物さんへお取り組みをオファー。

最初は難しそうでしたが、「SALON」のデザインチームで福岡県・久留米市へ。「どうしても、ご一緒したい!」という熱い気持ちを受け入れてくださり、コラボレーションが実現することとなったのです。

web-kiji0025
web-kiji0027
とにかく宮田織物は、素材の作り方が“独特“です。

すべて宮田織物の半纏は職人の手仕立て。普通の機屋さんがしないような編地にも果敢なくチャレンジして、独自性を追及したデザインと風合いを作り出しています。現場では何度も何度も試し編みを繰り返しながら作っているのが印象的でした。

web-kiji0026
web-kiji0021
生地のデザイン、機織(きばた)を編むところ…。半纏を作るまでの一貫生産をしている工場は珍しく、それぞれの工程のチームが情熱を持って作っている現場でした。一貫工場だからこそ、こだわったものづくりができているのだなという印象がありました。

web-kiji0022
工場の中には、宮田織物が製作してきたアーカイブの生地である機織を保管する倉庫のような場所があり、そこから「SALON」チームがイメージにあった素材をセレクトさせていただき、半纏が出来上がっていきました。

イメージは、ベーシックな白、黒や、デニム見えするスラブなど。ファッションとしてスタイリングに取り入れられるような、クリーンな印象になるようにセレクトをしています。

IMG_3176
滞在中にはこんなエピソードも…。

おもてなしをしてくださった宮田織物のご担当者さんと、現地でご紹介してくれたうどん屋さんへ。

オススメの理由は、「うどんや、えびの配置、玉ねぎの天ぷらの形がまん丸で美しいから」とおっしゃっていました。こんなところにも美しいものにこだわる宮田織物さんたちのパワーを感じました。

2018年秋冬もコラボレーションをしています。おうち着を超えたスペシャルなアウターに仕上がりました。

また、はんてんに限らず、宮田織物の素材を使ったウエアコレクションも展開しています。是非店頭でもご覧いただきたいです。

宮田織物 for SALON

text:長島

 

←お店の紹介はこちらから

SALON adam et ropé(サロン アダム エ ロペ)

http://salon.adametrope.com/

 

東急プラザ銀座店
tokyu praza ginza
東京都中央区銀座5-2-1 B2F
TEL:03-6264-5910
営業時間:11:00~22:00

 

アトレ吉祥寺店
atre kichijoji
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺1F
TEL:0422-22-1493
営業時間:10:00~22:00

 

NEWoMan新宿店
NEWoMan shinjuku
東京都新宿区新宿四丁目1番6号 NEWoMan 3F
TEL:03-6380-1750
営業時間:11:00~21:30

 

あべのHoop店
abeno Hoop
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋 1-2-30 Hoop1F
TEL:06-6629-3920
営業時間:11:00~21:00

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ