素材から秋にシフト「KIJIMA TAKAYUKI」のキャップ

今日のひとしな
2018.10.29

~EUREKA FACTORY HEIGHTS より vol.29 ~

日本人として、初のオートクチュールの帽子デザイナーとして活躍した平田暁夫氏に師事を受け、1995年にスタートした「couer(クール)」。

その後、2013年に「KIJIMA TAKAYUKI(キジマ タカユキ)」として独立したのがデザイナーの木島隆幸氏です。創業以来、もう20年以上に渡り、ヘッドウェアのデザインに加えて自らの手で帽子作りを行っています。

web-kiji0004
そんな帽子好き、洋服好きの間でこのブランドを知らぬ人のいない「KIJIMA TAKAYUKI」から、今回はこちらのウールモッサを使用したキャップをご紹介させて頂きます。

web-kiji0005
web-kiji0002
ウールモッサとは、縮絨をかけた生地を起毛させて毛羽を刈り込んで仕上げたもので、優れた保温性がありながらも軽量でソフトなタッチが魅力です。キャップというカジュアルなアイテムでさえも、このブランドのものとなればまた別格。

web-kiji0003
シャープなシルエットと、仕立ての良さから上品な佇まいが感じられ、ドレススタイルのハズしとしても相性の良いひとしな。私はこの秋、トレンチやステンカラーのコートなど、トラッドな印象のアウターに、あえてこのキャップを合わせたいなと考えています。

web-kiji0001
ふっくらと毛足の立った見た目からも温かそうなキャップは、コーディネートにプラスする事でグッと秋冬の気分を高めてくれます。

 

→お店の紹介はこちらから

EUREKA FACTORY HEIGHTS(エウレカファクトリーハイツ)

岐阜県岐阜市敷島町6-2-2
TEL:058-213-7709
営業時間:11:00~19:00
定休日:木曜
https://www.eureka-jp.com
Instagram「@eureka_jp」「@eureka_wmns

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ