無理して、若者と同じデニムを選ばなくてもいいんです

【特集】毎日の大人服 #3 DENIM PANTS
2016.04.20

今週月曜日~金曜日まで特集でお届けしている「毎日の大人服」byパーマネントエイジ。第3回のテーマは、「大人のデニム」です。いくつになっても、シンプルなデニムをサラリと着こなす女性は格好いいもの。ただし、”若者と同じ”にこだわると、変に”若作り”になるので要注意! 「パーマネントエイジ」の林 多佳子さんが選んだのは、こんな2本でした。

 

#3 DENIM PANTS

股上がしっかりあって

お尻がきれいに入って、

“普通”のデニムが、

実はきれい

 

s-20160415__K8R0686

「デニムは基本的に作業着なので、ドレスアップしすぎると逆におばさんっぽくなってしまいます」と多佳子さん。きれいめに着たいなら、ジャケットと組み合わせて。「ディープブルー」のデニムと「ブランバスク」のジャケットを。

 

 

「本来デニムは時間をかけて経年変化を楽しむものですが、もう、そんな時間はないでしょう(笑)? ヨリが甘いやわらかいもののほうがはきやすいですね」と林 行雄さん。ダメージ加工されていると若者っぽくなるので、ワンウォッシュ程度の濃い色を。「凝ったデザインで妙にドレスアップすると“おばさんくさく”なるので、上質な素材でさらりと着こなすのがいいですね」

 

 

 s-20160415__K8R1187

お店で人気なのが、股上がやや深く腰ばきにするやんちゃデニム。年配の方には、股上がしっかりありちょうどいいのだとか。これは「ディープブルー」のもの。

 

s-20160415__K8R1182

ちょっと色落ちした薄めの色(上のph)と、色落ちしない濃いインディゴのものと2つのタイプを持っていると、デニムのコーディネートを楽しめるようになる。これは「プレット」のストレート。

 

s-20160415_サムネ (2)

 

Y字にシワが寄らないように

 

s-0731

ロールアップは几帳面過ぎないように

 

デニムのサイズが自分に合っているかどうかの目安が股下のシワ。ここにY字のシワ寄るようでは、ちょっと大きいということです。自然にストンと落ちるサイズを選びましょう。さらに、ロールアップは几帳面になりすぎないことが大事。きれいに折り曲げず、クシャクシャッとでOK。「左右の長さが多少違うほうが上級者っぽくて格好いいですよ」

 

 

明日は、「大人のパーカ」をお届けします!

#4 PARKA へ続きます。

『毎日の大人服』より

photo:岡田久仁子 text:一田憲子

 

Permanent Age (パーマネントエイジ)
兵庫県西宮市南越木岩町6-7 ラポールビル103

兵庫県西宮市南越木岩町6-7 ラポールビル103

☎0798-75-3775

営業時間 11:00~19:00

火曜定休

http://www.permanent-age.co.jp

HPでは、毎週金曜日に新商品情報を更新。

インターネットでの通信販売も行っています。

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ