大人のパーカが格好いい!

【毎日の大人服】 #4 PARKA
2016.04.21

今週月曜日~金曜日まで特集でお届けしている「毎日の大人服」byパーマネントエイジ。第4回のテーマは「大人のパーカ」。カジュアルなアイテムというイメージがありますが「選び方・組み合わせ方で、大人世代のワードローブにもおすすめです」と「パーマネントエイジ」の林 多佳子さん。早速、見てみましょう!

#4 PARKA

 

 カジュアルに着ちゃダメ!

上質素材と組み合わせて

 

カシミアパーカをさりげなく

s-20160415__K8R0539

「インコテックス」のパンツに、「P.A.」オリジナルのカシミアパーカを合わせて。「襟元がVにあくので、ネックレスやスカーフをして、変化をつけて楽しむのもいいですね」

 

パーカというと、若者のアイテムと思いがちですが、実は首まわりが気になってくる年配の方にこそおすすめ。「フードが襟代わりになるので、首から胸のラインがきれいに見えて、格好がつけやすいんです。1枚でサマになるからズボラするにはおすすめなんですよ」と林 多佳子さん。ただし、子どもっぽくならないように、カシミアなどの上質な素材やシックな色を選んでみてください。

 

 

s-20160415__K8R1164

「ローブス&コンフェクションズ」のパーカは、ウールのあったか素材。ハンドステッチが大人のかわいらしさを感じさせる。落ち着いた茶色なので、デニムやチノパンに合わせても。

 

 s-20160415__K8R1168

イタリアの「パラジャンパーズ」のパーカ。濃いネイビーの色合いと、シンプルなデザインで、ロゴ入りでも子どもっぽくならない。デニムなどに合わせてスポーティに着こなして。

 

s-20160415__K8R1174 

「ファブリケアンプラネテール」のパーカ。さわやかな水色は白のパンツに合わせて春先に着るのがおすすめ。見た目より細めなので、着るとウエストラインのシルエットがきれい。

 

 “はずし”アイテムとしても大活躍

s-20160415__K8R1151

「リボルーション」の白いパーカを水玉スカートと組み合わせて。「スカートにカーディガンだと“父兄会”っぽいけれど、パーカでちょっと“はずせ”ば、カジュアルになります」

 

最終回の明日は、おしゃれの幅を広げる「色パンツ」をご紹介します!

#5 COLORFUL PANTS へ続きます。

photo:岡田久仁子 text:一田憲子

Permanent Age (パーマネントエイジ)
兵庫県西宮市南越木岩町6-7 ラポールビル103

☎0798-75-3775

営業時間 11:00~19:00

火曜定休

http://www.permanent-age.co.jp

HPでは、毎週金曜日に新商品情報を更新。

インターネットでの通信販売も行っています。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ