定番なのに新しい、春の一着

おしゃれさんコーディネート
2019.01.25

~「madrigal(マドリガル)」春の着こなし~


今週、大阪のセレクトショップ「マドリガル」から、春に向けてワードローブにプラスしたい素敵なアイテムを毎日お届けしてもらってきましたが、今日でひとまずラスト。お次は秋に登場してくれますよ。お楽しみに!

・・・・・・

さらりとしたシンプルなトップスやボトムは、合わせやすくて着用頻度も高いから、“自分の定番”と呼べるものを持っていたいアイテムの一つ。

でも、定番といっても、ただシンプルなだけでは気分が上がりません。せっかくのお出かけには、やっぱりおしゃれ心を満足させてくれるような一工夫がほしかったりしませんか? 今日はそんなわがままを形にしてくれたようなトップスとボトムをご紹介します。

IMG_1211

風が心地良くなる春から、気持ちよく着られるトップスは、着るとすっきりとした気持ちに切り替えれてくれそうな「WONDER FULL LIFE(ワンダフルライフ)」のシンプルな白のブラウス。


マンタブラウス WONDER FULL LIFE ¥21,000
ラップパンツ WONDER FULL LIFE ¥25,000

IMG_1154
シンプルなだけではなくって……動いた時には、袖のラインがちょっぴり個性的。

IMG_1167
サイドから見ると、袖はふわっと優しい印象。

IMG_1181
そして後ろは背中がウエストあたりまであいていて、2つのリボンがアクセントになったデザイン。記憶の奥に印象が残るような後ろ姿。そう、とびきり気分を上げてくれる一枚だったんです。

「マンタブラウス」という名前のついたこのトップスは、凝ったデザインでも不思議と甘くない、大人の女性が着られるブラウス。コートを脱ぐ季節になったら、軽いバッグを持って、一番に着てお出かけしたい。マンタのように、優雅にゆるゆると。

manta
後ろのデザインをいかして、中に合わせるもので色合わせを楽しむのもおすすめ。

03

合わせるインナーは、意外と目が留まるところなので、ぜひとも”見せるインナー”を。発色がよく上質なインナーは、一枚持っていると、年々デリケートになっていくお肌にも優しくて、薄着になる季節には重宝します。

インナー oscalito  
 

・・・・・・・・・・

お次はボトムのご紹介。まさに“自分の定番”と呼べるくらい、日々活躍してくれそうなチノ素材の巻きスカートです。

IMG_9119
前回の記事でご紹介した、あのフォローコートトップコート、デイリーコートを作るブランド「Ataraxia(アタラクシア)」のスカートだから、いたるところに小技が効いていて、とってもはきやすいんです。

チノ巻きスカート Ataraxia ¥28,000
Vネックブラウス(着用サイズ2)Ataraxia ¥2,800
レースアップシューズ esquivel ¥79,000

IMG_9127
初めてはいた時に感じたのは “かたくなくて軽い”でした。チノ素材で巻きスカート、といえばトラッドな印象。でもトラッド感も味わいながら、どこか抜け感があって軽いんです。スカートの丈感も、短かすぎず長すぎずちょうどいい。春は素足でもはける丈かどうかというのも、選ぶときの大事なポイントだったりします。

IMG_9124
サイドのスリットは動きやすさのためでもありますが、こうやって歩くたびにひらひらとなる様がチノのかたい印象を和らげてくれて、所作も上品に見える気がします。

1901SK17_01
はきやすさのポイントは、ウエストの仕様にもありました。ウエストの一部分だけゴムで伸び縮みする作り。これによって動いた時の食い込みや、つっぱりも気にならないので、ウエストの収まりがとっても良くて、ノンストレスなはき心地です。

901SK17_02
サイズもボタンでS~LLまで調整できるので、あらゆるタイプの方に幅広くお召しいただけます。サイズ調整してハイウエストではいたりローウエストではいたりと、着方を自分でアレンジできるのも嬉しいなって思います。

IMG_9155
そして一番嬉しいのが、やはりトップスとの合わせやすさ。カジュアルスタイルから、きちんとしたオフィススタイルまで万能です。

例えばオフィススタイルなら、「かっちりバッグ」と呼ばれる「エバゴス」のハンドバッグにヒール靴を合わせて。上質なレザーアイテムとも、バランス良しです。
01

かっちりバッグ eb.a.gos ¥95,000
ワンストラップスーズ eb.a.gos ¥44,000


休日のお出かけスタイルなら、ボーダーのトップスにバレエシューズ、アクセントにバッグにスカーフを巻いて、フレンチカジュアルの出来上がり。

02

ボーダートップス 3.1phillip lim ¥48,000
バレエシューズ porselli ¥30,000
プリントスカーフ eb.a.gos ¥21,000

シンプルで普遍的な形と色で作られているのに加えて、“今の空気”もちゃんと吹き込まれているから、日々の幅広いコーディネートに取り入れることができるんですね。定番でいて新しい、そんなアイテムをこの春一つ加えてみませんか。


←その他の「マドリガル」「ステンカラー」の記事はこちらから

madrigal(マドリガル)北店

大阪市北区西天満2-8-1 大江ビルヂング 1F
TEL:06-6361-0281 or 06-6312-4531
MAIL:kita@madrigal.jp
http://www.madrigal.jp/
ブログ http://www.madrigal.jp/days/kita
インスタグラム「@madrigalkita
オンラインストア http://www.madrigalyourline.jp/
メールマガジン登録 https://c09.future-shop.jp/fs/madrigal/MailMagazineEntry.html

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ