【春を先取り!】春もの×冬ものでミックスコーデ

おしゃれさんコーディネート
2019.02.07

【冬から春へとつなぐ服④】

 

島根県松江市でセレクトショップ「Daja」を営む板倉直子です。
【冬から春へとつなぐ服】の4回目はブルーのショップコートを主役にした、色から季節を取り入れるコーディネートをご紹介します。
今週は2月4日(月)から8日(金)まで5日間連続でお伝えいたします。

 

s-01
2月も半ばになってくると、春色が気になってきますが、まだまだ寒い日が続きます。
着るものが難しい季節の変わり目には、冬物と春物を上手にミックスしてコーディネートを楽しみましょう。
今回は春らしい爽やかなブルーのコートを引き立てるアイテムをチョイスしてみました。

 

s-02
さっそくショップコートを羽織ってみます。

 

s-03

 

s-04
コートのインはグレーのウールのシェットランドセーターで暖かく。
セーターの下には白いTシャツを覗かせ、顔映り良く仕上げます。

 

s-05
爽やかなインディゴブルーのコートは、着るだけで急に春が来たような気がします。

 

s-06
パンツもブルーを選び、コートと色合わせをしてみました。

 

s-07
寒い日にはカシミヤのストールをぐるりと巻いて。
大判のストールはグレーを選ぶと、春物と色合わせをしやすいので長く使うことができます。

 

s-08
グレーのニットにグレーのストール。
ブルーのコートにブルーのパンツ。
春の気分にぴったりな、明快な色の組み合わせ。

 

s-09
店頭では春物が並んでいる2月や3月はまだまだ寒さが残るころ。
そんな時私は、ライトな色合いのウールのニットと春物を合わせてコーディネートするようにしています。
寒がりな私は首が出ているだけで春気分、華奢なネックレスを合わせて軽やかに仕上げます。

 

s-10
コートのインはこんな感じ。
グレーのニットにブルーのパンツ。
ネックレスとTシャツと靴下のほんの少しの「白」が全体のバランスを取ってくれます。

 

s-11

 

s-12
コットンリネン素材のワイドパンツは、少し短めの丈で軽やかな印象。
デニムとはまた一味違った、カジュアルながらも上品なシルエットのパンツです。

 

s-13
季節の変わり目には意識してコーディネートに次の季節の色を取り入れています。
春を先取りする全身ブルーコーデに身を包み、お出かけするのが楽しみです。

・・・

インディゴダンガリー ショップコート
「HAND ROOM WOMEN’S」
¥35,000+tax
※こちらの商品は2月中頃入荷予定です。

カシミヤストール
「JOHNSTONS OF ELGIN」
¥62,000+tax

シェットランドVネックニット
「Harley OF SCOTLAND」
¥18,000+tax

オーバルネック8分袖Tシャツ
「FABRIQUE en planete terre」
¥5,900+tax

コットンリネン インディゴワイドパンツ
「HAND ROOM WOMEN’S」
¥21,000+tax
※こちらの商品は2月中頃入荷予定です。

ローファー
「G.H.BASS」
¥20,000+tax


←その他の「Daja(ダジャ)」板倉直子さんの着こなしはこちらから

Daja(ダジャ)
島根県松江市学園南2-12-5 HOYOパークサイドビル1F

http://allo-daja.com
11:00~19:00
定休日:火曜日

 

Profile

板倉直子

NAOKO ITAKURA

島根県松江市のセレクトショップ「Daja」ディレクター。トラディショナルをベースに自分らしい着こなしを提案している。著書に『大人のための かしこい衣服計画』(主婦と生活社)。この連載では、2月、4月、8月、10月に1週間特集として登場予定。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ