薄着の季節はビッグシルエットに頼って

おしゃれさんコーディネート
2019.04.07

福岡「GOUACHE FUKUOKA」vol.5 春の着こなし


こんにちは、「ガッシュ福岡」です。今年の春は穏やかな日が多いですね。「ガッシュ福岡」の横には、古事記に出てくるお姫様を奉る「若宮神社」があります。一歩足を踏み入れると一際目を引く立派なご神木があり、ここは人間だけでなく、渡り鳥達にとってもオアシスになっています。ウグイス、メジロ、ヒヨドリなど、思わず聞き入ってしまう鳴き声に春を感じさせてもらっています。4月もよろしくお願いします。

kuraosya_04_01_001
薄着の季節になってくると、コーディネートが簡単だという方もおられますが、逆にボディラインを気にする方にとってはコーディネートに悩むシーズンでもあります。ですから今からの季節は、いかに“カタチ”を美しく保てるか! がポイントになるかと思います。

kuraosya_04_01_002
そんな難題を解決してくれるのが、まずはワイドパンツ。こちらは「HARVESTY(ハーベスティ)」の定番でもあるサーカスパンツを爽やかなデニム生地にしたもの。トップスには清潔感のあるホワイトブラウスを合わせました。上下ともにコクーンシルエットで、やぼったくならないオーバーシルエットが特徴です。

kuraosya_04_01_003
少し肌寒いときは、カーディガンやジャケットを合わせることが多いと思います。オーバーシルエットに合わせやすいおすすめのアイテムは、程よいゆとりと着丈のもの。

kuraosya_04_01_004
オーバーシルエットがカジュアル過ぎると感じていても、ベーシックなトーンで品良くまとめると大人顔に早変わり。

kuraosya_04_01_005
春夏のシャツやブラウスは、強調しすぎない程度にデコルテを美しく見せてくれるものを。もうひとつ言えば、五分袖であったり、ロングスリーブをロールアップしたりで、腕周りを気にしなくて良いものを選びたいところです。

kuraosya_04_01_007
そして最後におすすめするのは、大人っぽいワンピース。たっぷりのサイズ感でもシンプルにまとめるとすっきりとした印象に。

kuraosya_04_01_006
はおりものを重ねるなら、甘くなりすぎないようにロング丈のジャケットとワントーンコーディネート。

kuraosya_04_01_008
今年旬の“ベージュ”は、同色でまとめるも良し、2トーンでまとめるも良しで、万能なカラーです。

kuraosya_04_01_009
中のワンピースを黒にすると、メリハリがつきスマートな印象が出ます。

kuraosya_04_01_010
今回はオーバーサイズの着こなしをご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。春は何かと忙しいシーズンですので、手軽におしゃれを楽しんでもらえればと思います。

kuraosya_04_01_011


それでは来週もお楽しみに。


タイプライタータックシャツ:THE FACTORY(ザ ファクトリー)¥17,800+tax

サーカスパンツ:HARVESTY(ハーベスティ)¥16,800+tax
ソリッドカラーリネンブラウス:si-si-si comfort(スースースー コンフォート)¥18,000+tax
ブラウンのコットン畦ボリュームスリーブカーデ:UNIVERSAL TISSU(ユニヴァーサルティシュ)¥14,000+tax
エッグワンピース:HARVESTY(ハーベスティ)¥15,800+tax
ジャケット(ベージュ、ブラック):UNIVERSAL TISSU(ユニヴァーサルティシュ)¥18,500+tax

 

←その他の「GOUACHE FUKUOKA」の記事はこちらから

←その他の「おしゃれさんコーディネート」の記事はこちらから

GOUACHE FUKUOKA(ガッシュ福岡)

福岡市中央区今泉1-19-8
TEL:092-791-7555
営業時間:11:00~20:00 
定休日:無休
http://gouachefukuoka.com
オンラインショップ https://gouachefukuoka.stores.jp
Instagram「@gouache_fukuoka

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ