暑さを乗り切る夏コーデのコツ vol.1 「ウォルド・ペストリー」主宰 鰤岡和子さん

ナチュリラ
2016.07.11

透け感のあるコットン長袖で日差しを遮り、風通しよく

服に求める条件は、動きやすさと着心地のよさ。さらに日差しや気温が気になる夏は、涼しさとおしゃれをいかに両立させるかに心を配っているという鰤岡和子さん。「日焼けも気になるお年頃なので、実は夏でも長袖を着ることが多いです(笑)。風通しがよくなるよう、身幅に余裕があるデザインや、見た目にも涼やかな透け感のある素材を選ぶことが多いですね」

そんな鰤岡さんの夏の定番アイテムは、見ためも涼やか、吸湿性に優れ、強い日差しを和らげてくれる、と3拍子揃った薄手のコットンシャツ。「せっかく白を着るなら、その涼感を生かしたいから合わせるアイテムは極力シンプルにを意識しています」と鰤岡さん。

burioka_MG_2014A

 大きなポケットや深いVの開きなど、シンプルでも印象的なディテールの白ワンピは「ル・グラジック」のもの。カーゴパンツ+サンダルで甘さひかえめに仕上げて。

 

burioka_MG_1866A

白×ネイビーの潔いツートーンコーディネート。繊細なブラウスに、カットソー地のボーダースカートと白スニーカーを合わせてきれいめマリンスタイルに。

 

burioka_MG_1923A

デニム+白シャツの定番スタイルも、「透け感」を意識すると夏仕様に。第2ボタンまで外して深めのVをつくり、肌見せの分量を増やして涼やかさアップ。

 

鰤岡さんの暑さを乗り切る夏コーデvol.2に続く

『ナチュリラ』vol.34より text:田中のり子 photo:枦木功

Profile

鰤岡和子

Burioka Kazuko

昨年から焼き菓子ブランド「ウォルド・ペストリーズ」をスタート。2016年10月16日に開催の「暮らしのmoto市」でも販売を予定。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ