「molocoe cakes」の焼き菓子 ~フーコより vol.8~

今日のひとしな
2016.11.08

「ランドスケーププロダクツ」というデザイン会社にお世話になっている。
千駄ヶ谷に事務所があり、同事務所が経営しているコーヒーショップでいつもにこやかなスタッフが入れてくれるコーヒーとおやつを求めて出入りしていたときに見つけた。
そのあまりにも美味しいショートブレットに私は今でも食べるたびに感動している。
早朝から焼き菓子をせっせと作る「molocoe cakes」こと前田さんにたまに会うとおやつのファンであるということを告白し、そしてまだ物件も決まっていないのに「フーコ」のお店が決まったら「ぜひ販売させて欲しい」と予めお願いしていた。

s-0000

「食べて、寝て、お菓子を焼く」という意味の名前はご友人につけてもらったそうだ。
「モロコエ」とはアイヌの言葉の「寝る」「食べる」という意味。
北海道生まれの前田さんのことをよく知るご友人だから、ひらめいたお名前なのだろう。
お菓子を作ったり食べたりするのが大好きなのが伝わってくる。

s-0001

s-0002

おいしいコーヒーやお茶と一緒に食べていただきたいと前田さん。
飲み物とのバランスを考えてレシピを考えているそうだ。
種類はショートブレッド(プレーン・ほうじ茶・ココア・ハーブ・ピカンナッツ)・グラハムクッキー・ジンジャークッキー・スノーボール・ピーナッツバタークッキーと、冬には暖かい飲みもののお供になるラインナップ。いつも全種類ご用意していないので入荷についてはホームページやインスタグラムなどでチェックしてもらいたい。

s-0003

あ〜美味しい〜〜!といつも食べるたびに幸せな気持ちになる。
少し残しておこうかなんて思っていてもあっという間に一袋食べてしまう危険なおやつ。
美味しいは元気の源、、これは私の友人がいった言葉。本当、私もそう思う。
毎日美味しいものを作る人も元気の源と呼べるのではないだろうか。
いつも大きなタッパーに焼いたクッキーをたくさん詰めて、両手いっぱいにしながら届けてくださる前田さんに私はいつも元気をもらっている。


ショートブレッド ¥220〜480(税込)
グラハムクッキー ¥220
ジンジャークッキー ¥480
スノーボール ¥380
ピーナッツバタークッキー ¥480

 

←お店の紹介はこちらから

フーコ

東京都台東区寿1-20-11
TEL:03-5830-2355
営業時間:12時~19時
不定休
※営業日はこちらのカレンダーをご確認ください。

http://fu-koshop.com/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ