【今日のひとしな】2月の担当は「steef(スティーフ)」の石政里佳子さん

今日のひとしな
2017.01.31

年が明けたと思ったら、あっという間に1月も終わりですね…! 明日2月1日からの1か月間、デイリー連載「今日のひとしな」を担当していただくのは、セレクトショップ「steef(スティーフ)」でショップマネージャーとバイヤーを務める石政里佳子さんです。

otonaP1250005

東急東横線の祐天寺駅を降りて、商店街をまっすぐ進み、左を見ながらテクテク歩いて5分ほど。呉服屋さんの隣に佇む真っ白な建物が、昨年11月にリニューアルオープンしたばかりの「steef」です。

otonaP1250078

以前『ナチュリラ』の取材で、素敵な足元コーディネートを見せてくださった石政さん。そのころはまだ、こじんまりとしたお店でしたが、商店街の道路をはさんだ、ちょうどお向かいにお引越し。ゆったりとした空間に生まれ変わりました。

otonaP1250152

もともとは、同じ祐天寺でメンズの古着を扱うショップ「feets(フィート)」に勤務していた石政さん。そのお客さまの間でレディスを求める声が次第に高まり、5年前に兄妹店としてスタートしたのが、「feets」のスペルを逆さにして名づけられた「steef」なのでした。

otonaP1250042

「オールド コーチ」のバッグの品揃えが豊富なことでも注目される「steef」。アメリカから買い付けられたユーズドやデッドストックのアイテムと、国内外のブランドからセレクトされた洋服やアクセサリーが、同じ目線で集められ、しっくりとなじんでいるのが特徴です。

otonaP1250030

「スペースが広くなったことで、テーブルウェアやコーヒー豆など、お客さまに『これ、いいですよ』と、おすすめできるアイテムの幅が広がったのが嬉しいですね」と石政さん。

otonaP1250134

オーナーの熊谷富士喜さんがデザインを手がけるブランド「kearny(カーニー)」のアイウェアや、オリジナルで作られたバッグなどの充実度も増しています。

そんな「steef」の営業時間は、なんと22時まで!

「祐天寺界隈のお店は、全体的に営業時間も遅めで、お客さまとの距離感が近いんです。お仕事帰りに、ふらりと立ち寄って、お話しに来てくださる方も多くて。ほしいものが見つかるだけでなく、来るとちょっと気分がリセットされて、日々のモチベーションが上がるような場になれれば、と願っています」

otonaP1250085

それでは明日から1か月間、石政さんがおすすめする「今日のひとしな」をご紹介します!

steef (スティーフ)
東京都目黒区祐天寺2-6-13

TEL 03-5708-5611

営業時間 平日 : 14:00~22:00/土日祝 : 12:00~22:00

http://www.steef.jp/

steef ONLINE SHOP

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ