倉敷編vol.2 至福の時間を過ごせるカフェ「Félicité」

地元のおしゃれさんの わたしの街
2017.05.13

~建築士・仁科美穂子さん~

地方在住のおしゃれさんに、地元のとっておきの場所を月替わりで案内していただく週末連載「わたしの街」。今月は、以前「暮らしのおへそ」にも登場していただいた、岡山県倉敷在住の建築士・仁科美穂子さんに案内していただいています。3月の「岡山編」とともに、初夏の旅の計画にお役立てくださいね。

←vol.1はこちらから

*************
フェリシテ外観
毎朝カプチーノを飲みに来るご近所の方、必ず犬の散歩で立ち寄る人、フラリと入った観光客……。どんな人でもお互い自然に会話がはずむカフェ「フェリシテ」をご紹介します。

lunch04
オーナーの矢野伊都子さんは、生まれも育ちもここ倉敷の美観地区・本町。2000年、好きで集めたアンティークを置く店として、このカフェをオープンしました。

店内03
店内にはフランスで買い付けたアンティークや雑貨が並び、パリのカフェのような雰囲気です。
  

lunch02
季節でメニューが変わるランチは、岡山の美味しいものを盛り合わせてワンプレートに。この日は、天然酵母のイングリッシュマフィンにアンチョビポテトと生ハムをのせ、入手困難と言われる吉田牧場のカマンベールチーズを添えて。スープはカリフラワーのポタージュです。

lunch06
ドリンクはカプチーノや紅茶などどれも美味しいのですが、これからのシーズンはスムージーもおススメです。

スケッチ教室01
店内ではフランス語教室、ウクレレ教室、スケッチ教室などいろいろな教室が開かれていて、“街のサロン”といった雰囲気。この日はスケッチ教室で、おしゃれな大人たちが真剣に粘土で立体を作っていました。

犬01
犬と一緒のお客様も歓迎!

 

rue hon02
また、カフェの一角には、洋服のブランド「rue hon」のコーナーも。「どこで服を買ったらいいかわからなくなった……」という伊都子さんの思いからスタートした、オリジナルブランドです。上質な素材を使い、シンプルでありながらも機能的な服を製作しています。

伊都子さん03
「rue hon」の服を着た伊都子さん。このブランドの一番の特徴は、サイズを気にしなくてもいいこと。どんな体型の人でも自分なりに着こなすことができるシルエットに仕上げられています。

rue hon01
私もストレッチジーンズを愛用していますが、一度履いたら手離せなくなるもはき心地です。ちなみに「Rue hon」とは「本町通り」という意味なんですよ。

フェリシテ
「フェリシテ」では年に1~2回、不定期に企画展が開催されています。10周年のときは、染色家・望月通陽さん展も。この夏はジュエリー作家・水野麻弥さんの個展が予定されています。また、年に数回、ガレージセールも開催。洋服好きの方々が持ち寄る服や雑貨、靴などは質が高くて掘り出し物が多いそう。次回は、来週末の5/20~21に開催予定です。

フェリシテ看板
アンティークから食事、洋服までもオーナーの伊都子さんの“好き”が貫かれたお店。素敵な生き方や暮らし方、楽しみ方を、そっと日常に取り入れてみたくなります。お店を訪れた人がここでのコミュニケーションを通じて幸せを感じられる、そんな至福(フェリシテ)のカフェなのです。

 

→そのほかの【倉敷編】はこちらから

 
【神戸編】 【大阪編】 【京都編】 【名古屋編】 【弘前編】 【福岡編】 【愛媛編】 【那須編】 【香川編】 【熊本編】 【岡山編】 【高知編】


Antique et café Félicité(フェリシテ)

MAP:
岡山県倉敷市本町10-6
TEL:086-423-5277
営業時間:10:30~17:00
定休日:月、火曜
http://kurashiki-felicite.com

Profile

仁科美穂子

mihoko nishina

東京の設計事務所に勤務後、2002年に岡山県倉敷市に移住。2007年、夫婦で仁科建築設計事務所を開設し、町家トラストの再生事業をはじめ、多くの古民家再生に携わる。
http://www.nishina-arch.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ