ハワイで少し遅く起きた日のブランチ&ランチ

暮らすように旅する Travel Hawaii
2018.05.10

「food」vol.4


ハワイに限らず、どこにいても「次、なに食べようかな?」そんなことばかり考えています。特に、ブランチとランチに関してはそう。「これが食べたい」と目がけてお店に行くより、「この近所でおいしいところ、どこだったかなぁ〜?」と、のんびり考えながら向かうことがほとんど、ということに最近気がつきました。

ワイキキにいるときはもちろん、カカアコ(アラモアナセンターのやや西寄り、最近、高級コンドミニアムがたくさん建築されているところ)、マノア(オアフ島の真ん中よりやや南側の山の方)にいるときなど、少し遅く起きた日は、ブランチが食べられるお店を、頭の中からゆるゆると探し出します。

●20年食べ続けているサンドウィッチ

02
これは、もう何年も食べ続けている大好きなサンドイッチ。マノアにいるときに最初に思いつく「Andy’s Sandwiches & Smoothie(アンディーズサンドイッチ&スムージー)」というお店のものです。もう通い始めて20年以上が経つ、サンドイッチとスムージーのお店です。

01
タマゴサンド、ツナサンドといろいろなメニューがありますが、あれこれ悩んだあげく、「またこれ〜?!」と友人たちにいつも言われてしまう、アボカド、ツナ、トマトをオーダーすることがほとんど。納得するまで食べ続けるクセは幼い時からですが、まさかここまでそれを引きずるとは。

たっぷりのシャキシャキレタスとスプラウト、厚切りトマトがツナマヨとアボカドのコクと混ざり合って、パンにも少し染み込んで、これぞまさしく「お口の中でハーモニー」って感じ。写真のように半分に切ってくれるので、友人や家族と違う種類をオーダーしてシェアするのもいいですよ。

●ブランチ向きの量がうれしいポケボウル

ポケとは、マグロをぶつ切りにしたものをごま油と塩で味付けしたハワイのローカルフード。塩の代わりに醤油やマヨネーズなどを加えたものも。それをそのままつまみで食べる場合もあれば、ご飯と合わせて丼(ボウル)にするのも定番です。

04
ワイキキにいるときによく通う、ロイヤルハワイアンセンター2Fの「Island Vintage Coffee(アイランドヴィンテージ コーヒー)」。ここの定番ポケボウルは、かなりレベルの高いお味。ごま油と醤油、それに白ごま、ナムル、韓国海苔、野菜もたっぷり盛り合わさったここのポケボウルは、ポケの味付けが抜群。多すぎず、少なすぎずの程よい量も、大人女子にちょうどいいんです。

●アサイー観が変わる?!アサイーボウル

ここ数年、ハワイと言えば、の代名詞にもなっている「アサイーボウル」。ブラジル原産のスーパーフードとして知られるアサイーは、美容効果の高さも手伝って大人気。ハワイではすっかり定番化し、バナナやイチゴなどのフルーツがのっていたり、自家製グラノーラを加えたり、ハワイ産のはちみつをかけたりと、お店によってさまざまなスタイルも登場しています。

03
朝ごはんメニューとしても、人気ランクが高いよう。ですが、実は私はあまり食べない派。朝からこんな冷たいものを!? と思っていたのです。けれども、やはりおいしいってことに気づいてしまって以来、朝ではなく、ブランチまたはランチに時々いただいております。でも、この量はやっぱりちょっと多くない!? と思ってしまう、まだまだヘタレな私です。

07
そんな中、私の中でのアサイーボウル観を覆した、アサイーボウルに出会いました! それがこちら。さきほどポケボウルのところでも紹介した「アイランドヴィンテージ コーヒー」のものです。

コーヒーはもとより、シェイブアイスやアサイーボウルがおいしいことでも知られているお店で、定番のアサイーボウルもオススメなのですが、私がとりこになっているのが、この見た目もかわいい大人のアサイーボウル「カカオモアナボウル」。これがめっちゃおいしい!! 

その名の通りカカオニブスがのっていて、ロウハニーや自家製のアーモンドバターとのこっくり、クリーミーな組み合わせは、舌にいつまでもじんわり幸せが残るお味。クリーミー&カカオニブスのカリッとしたリズム感もいいのです。カラフルすぎないスモーキーな色味も、大人な感じ。これがワイキキど真ん中、ロイヤルハワイアンセンターの2Fでいただけるっていうのがありがたい。

●がっつりブランチにはフライドライス丼

お昼にはちと早い、でもお腹がすいていて、がっつりいきたいときは、ワイキキから車で10分くらいの街カイムキにあるデリ「Kaimuki Superette(カイムキ スパレット)」へ。

06
このフライドライスのブランチは、半熟卵とアボカド、ナムルチックな青菜ものって、ボリュームたっぷり。なのにおいしくてペロリなんです。

●飲みすぎた翌日は、フォーの卵とじ

ダウンタウンのベトナム料理店「Pig& The Lady(ザ ピッグ アンド ザ レディ)」は、ファーマーズマーケットで見つけた時からの大ファン。けれど、いつでも混んでいるので、なかなか足が向かなくなっていた頃、カカアコに姉妹店「Piggy Smalls(ピギー スモールズ)」ができて、ヤッホー! ってことで、滞在中にかなりの頻度で通っておりました。最近は、お昼時ともなると激混み覚悟で長い列に加わるしかないのですが……。タイミングによってはパッと入れるので諦めずにちらりと覗きに行っています。

08
ここ最近のお気に入りは、この卵とじのようなフォー。あまじょっぱいスープと卵が、胃袋整え系。これ、飲みすぎた翌日にもいいですよ。

●ランチタイムを逃した日はモロッコ&レバノン料理

ダウンタウンとカイムキに2店舗ある、大人気の中東料理店「Kan Zaman(カン ザマン)」。大好きなアンティークショップのすぐ横ってことで、ダウンタウンでお腹がすいたなと思うと、だいたいここへ。なにを食べてもおいしいし、フルタイムで営業しているから、うっかりランチタイムを逃したときにもありがたいのです。

05
必ず頼むのは、フムスなどの前菜4種の盛り合わせ「Mezza Sampler(メッザサンプラー)」と、腹持ちのいいベジタブルクスクス。これ、オススメです!

 

←その他の「暮らすように旅する Travel Hawaii」の記事はこちらから

Profile

赤澤かおり

Kaori Akazawa

料理と旅、暮らしまわりのことを中心に執筆・編集を行う。ハワイ渡航歴100回以上。『THIS IS GUIDE BOOK IN HAWAII』『Travel Hawaii』(ともに主婦と生活社)など、ハワイにまつわる著書も多数。
Instagram「@akalohasunny

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ