「アナベル」~おしゃれさんも足繁く通う隠れ家的ショップ

おしゃれさんコーディネート
2016.03.28

 こんにちは、編集部の大塚です。寒の戻りはありますが、少しずつ春めいてきましたね。暖かくなって厚いコートを手放せるようになると、やっぱりおしゃれって楽しいなとウキウキしちゃいます。そして、ちょっと華やかなもの、いつもとは少し違うものに挑戦してみたくなるのは、決まって春。私的に、一年の中でのおしゃれのアップデート時期なのかもしれません。

さて、現在発売中の『ナチュリラ』2016春号vol.33はもうご覧いただけたでしょうか? 新しいことに挑戦…という意味では、こちらの表紙&巻頭も満を持しての女優さんの初登場! 

s-2016032414110000

石田ゆり子さんにご登場いただきました。とにかく、とーってもとっても素敵なのでぜひお手に取ってみてくださいね。

同じく春号で、ご紹介しているのが神奈川県横浜市のセレクトショップ「アナベル」の店主・伊佐さんによるベースカラー別のコーディネート術。

s-2016032414120001

ベースカラーは、上の誌面写真にあるホワイトのほか、ネイビー、グレー、カーキ&オリーブといった「ド定番」カラーをご紹介しているので、きっと皆さんのクロゼットの傾向に当てはまるものがあるはず! こちらもぜひ参考にしてみてください。

「アナベル」は本誌人気おしゃれさんのひとり、料理家・ワタナベマキさんも足繁く通うお店。店主の伊佐さんは、当・暮らしとおしゃれの編集室の連載「おしゃれ暦」でもおなじみですよね。

そんな「アナベル」さんの、今日はお店を紹介しちゃいます!

東急田園都市線・たまプラーザ駅から歩いて5分ほど。歩くのがかなり嫌いな(!)私でも、この距離ならラクラクです。

小さなお店ですが、素敵なものがひしめいていて、入った瞬間テンションが上がります。

s-2016031812010003

ずらりと並ぶ、お洋服たち。棚の上にはさまざまな種類のバッグも。

s-2016031812010002

カットソーやコットンボトム。

s-2016031812010001

アクセサリーに、インナー&ソックス類。

と…ここまで見てなにかに気づきませんか?

 

そう、お店といってもまるで誰かのおうちのクロゼットのようなディスプレーなんです。

s-2016031812000003

入り口付近には傘がディスプレー。もちろん売ってます(笑)。

 

s-2016031812000001

フレグランスの棚があったり…。

s-2016031812020001

 

シューズは下駄箱(昭和な言い回しで失礼!)風な什器に。

s-2016031812020002

 

ブックエンドに並べられたこちらはなんでしょう??

 

s-2016031812030000

 

冷えとりソックスのセットでした!

 

伊佐さんセレクトによる商品ラインナップはもちろんのこと、こうしたディスプレーは自宅のインテリアの参考にもなるなぁと、おじゃまする度にスミからスミまでチェックしています。こんな“お衣装部屋”が欲しいなぁ。春のおしゃれ計画とともに夢はあれこれふくらむのでした。

アナベル
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 

東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分

 045-482-4026

11:0020:00 水曜定休

http://www.f6products.com/

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ