新潟編vol.2 昼は紅茶店、夜はバーになる 「Sugar COAT(シュガーコート)」

地元のおしゃれさんが 案内する 小さな旅
2018.10.13

新潟市でうつわギャラリー「ヒメミズキ」を営んでおります小笹です。今回は、新潟のおすすめの紅茶屋さんをご紹介します。紅茶と手作りお菓子のお店「Sugar COAT(シュガーコート)」さんです。

2 (1)
「Sugar COAT」さんは、新潟の中心部、古町エリアにあります。市街地にあるにもかかわらず、一歩足を踏み入れると、そこにはゆったりとした穏やかな時間が流れています。

2 (5)
イギリス、フランスを中心に仕入れた約100種類もの茶葉が揃っており、季節の素材を使った素朴な焼き菓子と一緒に楽しむことができます。アンティークの家具やカップも素敵で、癒される空間です。

2 (6)
茶葉の種類が多いので、いつも迷ってしまうのですが、そんな時はオーナーさんが好みやその日の気分を聞いてくれて、お勧めのものを出してくれます。

2 (7)
写真の紅茶はスモーキーアールグレイ。お菓子はビクトリアサンドとスコーンです。

2 (8)
2 (9)
テイクアウト用のお菓子も常時10種類以上揃っており、バナナのクラムケーキやガトーショコラ、クッキー、メレンゲ、スコーン、カスタードプリン……。秋は、ドイツ風アップルケーキやガトータタンなど、りんごのお菓子も美味しいです。シュガーコート」さんの焼き菓子は決して豪華ではないけれど、素朴で優しい。家庭のおやつのような雰囲気なので、毎日でも飽きずに食べられます。私が大好きな「塩バタークッキー」は、なんだか懐かしい味がして一度食べると病みつきになります。あっという間に一袋食べてしまうので、危険なおやつなのです。事前に連絡すると、アフタヌーンティーのセットやランチもいただけます。

「Sugar COAT」さんは、年中無休の18時までの営業なのですが、毎週火~金曜日の18時半からは、ちょっと雰囲気が変わります。移動式ブックバー「Bar book box(バーブックボックス)」の女性バーテンダーさんがいらっしゃって、BAR営業をされるのです。

2 (2)
可愛らしい紅茶屋さんが、大人の空間に変身します。

2 (3)
季節のフルーツや、自家製シロップを使ったカクテルも楽しめますし、ノンアルコールドリンクも作ってくれるので、女性も気軽に通いやすいBARなのです。本好きのバーテンダーさんがオススメする本を読みながらお酒を楽しむのも、良い時間です。

2 (4)
日中は紅茶、夜はお酒。一つの空間でどちらも楽しめる、魅力的な場所です。

→その他の「新潟編」はこちらから

→「ヒメミズキ」のお店紹介はこちらから

SugarCOAT(シュガーコート)/bar book box(バーブックボックス)

MAP:
新潟市中央区西堀通3-802-3
TEL:025-223-9239
営業時間:11:00~18:00
無休
http://sugarcoat-tea.com/#

 

bar book box(バーブックボックス)
営業時間:15:00~21:30(金曜のみ15:00~23:00) Barタイムは18:30~
定休日:土~月曜
https://www.facebook.com/bbb.barbookbox/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ