京都編 vol.4 星々のかけらのような食と雑貨がちりばめられたカフェ「STARDUST」 ~京都在住ライター・増田知沙さん

地元のおしゃれさんの わたしの街
2016.05.28

地元おしゃれさんが自分の住む街の、とっておきのお店を案内してくれる連載「わたしの街」企画。5月は京都編です。 ナビゲーターは、京都を中心に編集・ライターとして活躍、かわいいもの・おしゃれなものにアンテナを張りめぐらせる増田知沙さん。こだわりある京都人をもうならせる、とっておきのショップをご紹介してくれます。

vol.3はこちらから

****************

photo&text:増田知沙

 

前回ご紹介した家具と生活雑貨のお店「木印」のすぐ近く、同じく京都の紫竹エリアから、もう一軒お気に入りのお店をご紹介します。「STARDUST(スターダスト)」。星屑という名のこちらのカフェは、2015年の七夕にオープンしました。

 

s-stardust_01

 

一歩店に入ると、ふわりと漂う華やかな香り。壁にはフランス・リヨンのお茶専門店「CHA YUAN」のお茶が並んでいます。店主の清水香那さんは、詩情豊かで香り高いこのお茶と、自然の恵みを存分に味わうことができる食事、自身が心惹かれたプロダクトを提供したい、という思いからこのお店を作ったそうです。

 

s-stardust_02

 

藍色の壁が印象的なショップスペースには、清水さんがものづくりの精神性に共感した作り手の服や器、キャンドルなどが並びます。「COSMIC WONDER」「BLACK CRANE」「kaval」などの洋服たちは、どれもミニマムなデザインながら、素材やパターンに惜しみない手間がかけられたものばかり。

 

s-stardust_03

 

カフェで使用している作家ものの器も不定期で入荷しています。こちらは鈴木環さんのもの。

 

s-stardust_04

 

店のあちこちには、古道具や鉱物、植物などが飾られています。店全体に心地よい空気が流れているかを大切にしているという清水さん。その言葉通り、一歩お店に入ると深呼吸したくなるような空間に心が満たされ、エネルギーをチャージしたような気分になります。

 

s-stardust_05

 

元は織物の工場だったという建物を改装したお店は、奥に長い構造になっていて、キッチンの奥がカフェスペース。織屋建ならではの吹き抜けを生かし、天窓からさんさんと光が降り注ぐ空間です。

 

s-stardust_06

 

こちらのお料理は、乳製品・卵を使わず、植物性の食材のみで作られています。この日のランチは、オープンサンド。メニューの内容や食材はその時々の旬によって変わりますが、植物性の材料のみとはとても思えないほど、色鮮やかで滋味豊かな味わいにいつも驚かされます。

 

s-stardust_07_cake

 

また、清水さんが「計量なしでも作れる」というほどのスペシャリテが「ロウケーキ」。生のカシューナッツやココナッツオイル、ドライフルーツなどをふんだんに使い、一切火を入れずに作り上げたこちらのケーキ、ひと口いただくとその豊かな風味に感激します。写真は「CHA YUAN」の“ルミエール”という紅茶葉を使ったもの。自然の恵みの結晶のようなデザートは、香り高いお茶との相性も抜群です。

 s-stardust_07

 

私たちの身体を構成する要素も、星々のかけらと同じものでできているという話から名付けられた「STARDUST」。ここで食べるものや身につけるもの、そして空間そのものも、身体の一部となって呼吸しだすかのように感じらるはずですよ。心潤う時間と体験を、ぜひ味わってみてくださいね。

 

←その他の【京都編】はこちらから

 

【神戸編】 【大阪編】 【名古屋編】 【弘前編】 【福岡編】 【愛媛編】 【那須編】 【香川編】 【熊本編】


STARDUST(スターダスト)
京都府京都市北区紫竹下竹殿町41

MAP:

TEL:075-286-7296

11:00〜18:30(ラストオーダー18:00)

毎週月曜と毎月第1 土・日・月曜休

http://stardustkyoto.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ